生年月日データベース

島朗しまあきら

将棋棋士[日本]

1963年 2月19日

島朗 - ウィキペディアより引用

島 朗(しま あきら、1963年2月19日 - )は、将棋棋士。
初代竜王。
日本将棋連盟常勤理事。
東北統括本部長。
棋士番号146。
高柳敏夫名誉九段門下。
東京都世田谷区出身。
宮城県仙台市在住。
竜王戦1組通算10期、順位戦A級通算9期。
1980年四段プロデビュー。
いわゆる「55年組」の一人である。
1988年の第1期竜王戦で米長邦雄に4-0のストレート勝ちし、初代竜王に輝く。
将棋界では、島が竜王になるとはほとんど予想されていなかったため、「シンデレラボーイ」と呼ばれた。
なおホテルで行われた第一局では、初日の終了後にホテルの付属のプールで水泳をした。
また、前夜祭で花束を贈呈したミス川崎と、交際して結婚した。
2004年8月8日、静岡市民文化会館で行われた第25回JT将棋日本シリーズ1回戦第4局で藤井猛に勝ち、1046局目の対局にして通算600勝を達成。
森内俊之に次いで、史上30人目の将棋栄誉賞に輝く。
2005年5月から2007年5月まで、日本将棋連盟理事(普及事業、出版、会館担当)を1期務めた。

■ 関連書籍

将棋のプロ棋士。1963年2月19日に東京都の世田谷で生まれる。 地元を愛し、馬事公苑での世田谷祭りや、経堂順位戦解説会でその姿を見られる。 喋りと文章がたくみで、小説風の独特の観戦記はまたファンも多い。 初代竜王(1988年度)。タイトル戦にて、将棋界の歴史上はじめて和服ではなくて『アルマーニのスーツ』で挑んだダンディな男。 「着慣れない着物に気をとられて敗北するよりは、慣れた服装で対局をしたかったんです」 とのこと。 また若手棋士たちにとって面倒見がよい兄貴分であり、 まだ若手六段の頃に羽生善治・佐藤康光・森内俊之らチャイルドブランドと呼ばれた10代(当時)の新鋭をあつめた研究会『島研』を主催したことでも有名。 師匠は弟子の多い高柳敏夫名誉九段。 1975年 6級 1977年 初段 1980年9月18日 四段 1984年5月10日 五段 1986年4月1日 六段 1989年4月1日 七段 1994年4月1日 八段 2005年5月 日本将棋連盟理事に就任。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 竜王
  • 世田谷区
  • 仙台市
  • 宮城県
  • 将棋
  • 履歴
  • 成績
  • 昇段
  • 東京都
  • 棋風
  • 理事
  • 著書
  • 通算
  • 関連
  • 順位
  • 顧問
  • 高柳敏夫
  • プロデビュー
  • 出身
  • 名誉
  • 在住
  • 棋士
  • 番号
  • 門下