生年月日データベース

デイビッド・グロスDavid Jonathan Gross

物理学者[アメリカ]

1941年 2月19日

デイビッド・グロス - ウィキペディアより引用

デイビッド・グロス(David Jonathan Gross、1941年2月19日 - )は、アメリカ合衆国ワシントンD.C.生まれの理論物理学者。
カリフォルニア大学サンタバーバラ校カブリ理論物理学研究所所長。
2004年に、ウィルチェック 、H. デビッド・ポリツァーとともに「強い相互作用の理論における漸近的自由性の発見」の功績によりノーベル物理学賞を受賞した。
1962年、イスラエルのヘブライ大学を卒業。
1966年、カリフォルニア大学バークレー校でPh.D.を取得。
フランク・ウィルチェックと共に、素粒子の強い相互作用を記述する量子色力学の漸近的自由性(高エネルギーになるほど相互作用が弱くなる)を発見した。
超弦理論の一つであるヘテロティック弦理論の構成などの功績もある。
長らくプリンストン大学に勤めエドワード・ウィッテンやニキータ・ネクラソフなどの優秀な後進を育てた。
受賞歴 1986年 J・J・サクライ賞 1988年 ICTPのディラック賞 2000年 オスカル・クラインメダル、ハーヴェイ賞 2004年 ノーベル物理学賞 外部リンク Nobel citation ArXiv papers Webpage at the Kavli Institute Scientific articles of David Gross (SLAC database) BBC synopsis on the award Interviews。

連想語句
  • 理論
  • 大学
  • カリフォルニア
  • 作用
  • 物理学
  • 相互
  • ウィルチェック
  • 漸近
  • 自由性
  • イスラエル
  • カブリ
  • サンタバーバラ
  • ツァー
  • ティック
  • デビッド
  • ノーベル
  • バークレー
  • フランク
  • ヘテロ
  • ヘブライ
  • ポリ
  • 力学
  • 功績
  • 物理学賞
  • 発見
  • 研究所
  • 素粒子
  • 量子
  • エネルギー
  • プリンストン
  • 一つ
  • 卒業
  • 受賞
  • 所長
  • 構成
  • 長らく