生年月日データベース

岡本喜八おかもときはち

映画監督[日本]

1924年 2月17日

2005年 2月19日 死去食道がん享年82歳
岡本喜八 - ウィキペディアより引用

岡本 喜八(おかもと きはち、1924年2月17日 - 2005年2月19日)は日本の映画監督。
本名は岡本 喜八郎(おかもと きはちろう)。
鳥取県米子市四日市町出身。
米子商蚕学校(現・米子南高校)卒業後上京し、明治大学専門部商科卒業後、1943年に東宝に入社し助監督となる。
しかし戦局の悪化に伴い招集され、松戸の陸軍工兵学校に入隊、愛知県豊橋市にあった第一陸軍予備士官学校で終戦を迎えた。
この豊橋滞在時に空襲で多くの戦友たちの死を目の当たりにし、戦争に対する大きな憤りを抱く。
復員後に東宝へ復帰し、マキノ雅弘や谷口千吉、成瀬巳喜男、本多猪四郎らに師事して修行を積む。
1957年に東宝が石原慎太郎に自作『若い獣』を監督させると発表したことに助監督たちが反発、シナリオ選考で一人監督に昇進させることが決まり、岡本が『独立愚連隊』『ああ爆弾』のシナリオで認められて昇進した。
1958年、『結婚のすべて』で初メガホンを取る。
岡本のオリジナルシナリオによる、日中戦争最中の中国大陸に西部劇や推理劇の要素を取り入れた5作目『独立愚連隊』(1959年)で、一躍若手監督の有望格として注目を浴び、以降、『独立愚連隊西へ』(1960年)、『江分利満氏の優雅な生活』(1963年)、『ああ爆弾』(1964年)、『侍』(1965年)、『日本のいちばん長い日』(1967年)、『肉弾』(1968年)など、幅広い分野の作品を監督。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

おかもときはち [生]1924.2.17.鳥取,米子[没]2005.2.19.神奈川,川崎映画監督。本名岡本喜八郎。明治大学専門部商科を卒業。1943年東宝に入社,助監督となる。第2次世界大戦末期の1945年徴兵され,戦後に復職。1958年『結婚のすべて』で監督デビュー。日中戦争北支戦線で部隊の不正を暴く兵隊が活躍する自作脚本の『独立愚連隊』を1959年に監督し,その後シリーズ化された。東宝を代表する監督の一人として戦中派の心情を作品にこめた1967年の大作『日本のいちばん長い日』,翌1968年には独立系映画会社ATGとの提携による自主制作『肉弾』で芸術選奨文部大臣賞を連続受賞。1975年に喜八プロダクションを設立,プロデューサーの妻みね子と二人三脚で映画づくりに没頭し,『吶喊(とっかん)』『近頃なぜかチャールストン』,1991年には『大誘拐RAINBOWKIDS』で日本アカデミー賞監督賞と脚本賞を受賞。2002年『助太刀屋助六』で健在ぶりを示した。1989年紫綬褒章,1995年勲四等旭日小綬章を受章。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 作品
  • 米子
  • 米子市
  • テレビドラマ
  • 作風
  • 出演
  • 四日市町
  • 学校
  • 家族
  • 岡本
  • 影響
  • 映像
  • 映画
  • 監督
  • 親族
  • 鳥取県
  • おかもと
  • きはちろう
  • 上京
  • 出身
  • 卒業
  • 南高
  • 県立
  • 高校
  • 鳥取