生年月日データベース

藤山愛一郎

政治家実業家[日本]

1897年 5月22日

藤山愛一郎 - ウィキペディアより引用

藤山 愛一郎(ふじやま あいいちろう、1897年5月22日 - 1985年2月22日)は、日本の政治家、実業家。
外務大臣、経済企画庁長官、日本商工会議所会頭、経済同友会代表幹事、初代日本航空会長、自民党総務会長を歴任した。
藤山コンツェルン二代目。
位階は従二位。
勲等は勲一等。
来歴・人物 東京王子に王子製紙専務取締役藤山雷太の長男として生まれる。
慶應幼稚舎時代、当時の官立崇拝の強い風潮の中、当時第一高等学校(現東京大学教養学部)合格者数第一位を誇った府立一中(現東京都立日比谷高等学校)を受験するも失敗、慶應義塾普通部に進学した。
更に慶應義塾大学部政治学科に進むが1918年に病気療養のため中退し、父が築いた藤山コンツェルンの後継者として大日本製糖社長となる。
その後、日東化学工業(現在の三菱レイヨン)社長や日本金銭登録機(現在の日本NCR)社長などを歴任した。
1941年に僅か44歳で日本商工会議所会頭に就任した。
第二次世界大戦下の1943年には大正製薬創業者の石井絹治郎の葬儀委員長を務めた。
1945年3月には熱海の自邸を終戦工作に奔走する高木惣吉少将に提供、その拠点となった。

■ 関連書籍

ふじやまあいいちろう [生]1897.5.22.東京[没]1985.2.22.東京実業家,政治家。慶應義塾大学を中退。父藤山雷太の大日本製糖社長を継ぐ。1941年東京商工会議所会頭。第2次世界大戦後も公職追放解除後,51年日本航空会長,東商および日本商工会議所会頭となり,政財界に大きな発言権をもった。57年岸首相の要請で外相に就任。日米安全保障条約改定の当事者となる。70年からは松村謙三に代って日中友好を促進,復交に意欲を燃し,超党派の「日中国交回復議員連盟」「日本国際貿易促進協会」の会長となった。76年政界を引退。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大臣
  • 王子
  • 経済
  • コンツェルン
  • 事項
  • 会長
  • 勲一等
  • 同友会
  • 外務
  • 実業家
  • 家族
  • 担当
  • 日本商工会議所
  • 東京
  • 栄典
  • 翻訳
  • 著書
  • 藤山
  • 親族
  • 関連
  • 代表
  • 会頭
  • 位階
  • 内閣府
  • 初代
  • 勲等
  • 北区
  • 幹事
  • 政策
  • 日本
  • 日本航空
  • 東京都
  • 歴任
  • 特命
  • 経済企画庁
  • 総務
  • 自民党
  • 財政
  • 長官