生年月日データベース

山口淑子やまぐちよしこ

女優歌手政治家[日本(中国)]

(別名義・李香蘭)

1920年 2月12日

山口淑子 - ウィキペディアより引用

山口 淑子(やまぐち よしこ、1920年(大正9年)2月12日 - 2014年(平成26年)9月7日)は、日本の歌手、女優、政治家である。
戸籍名:大鷹淑子(旧姓:山口)。
さまざまな名前で活動し、戦前の中国(中華民国)と満州国・日本・戦後の香港で李 香蘭(り こうらん、リ・シャンラン)、第二次世界大戦後のアメリカ合衆国ではシャーリー・ヤマグチの名で映画、歌などで活躍した。
日本の敗戦を上海で迎えた彼女は、中国人として祖国を裏切った漢奸の容疑で中華民國の軍事裁判に掛けられたものの、日本人であることが証明され、漢奸罪は適用されず、国外追放処分となり、日本に帰国した。
帰国後は、旧姓(当時の本名)・山口淑子の名前で芸能活動を再開し、日本はもとより、アメリカや香港の映画・ショービジネス界で活躍をしたが、1958年(昭和33年)に結婚のため芸能界を退いた。
そして1969年(昭和44年)にフジテレビのワイドショー『3時のあなた』の司会者としてマスメディア界に復帰、1974年(昭和49年)3月まで務めた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

やまぐちよしこ [生]1920.2.12.中国,遼寧,奉天郊外[没]2014.9.7.東京女優,歌手,政治家。本名大鷹淑子。両親は日本人だが父の親友であった中国人の養女となり,1938年『蜜月快車』で満州映画協会(満映。→満州)専属女優,李香蘭としてデビュー。当時の人気スター,長谷川一夫と共演した『白蘭の歌』(1939),『支那の夜』『熱砂の誓ひ』(1940)は大陸三部作として大ヒット,日本で爆発的人気を得た。歌手としても人気を集め『夜来香(イエライシャン)』『蘇州夜曲』などのヒット曲が生まれた。当時の満映が李香蘭を日本との融和政策のシンボルとしたため,日本人であることは明かさなかった。日中戦争後,中国で売国の疑いによって裁判にかけられるが,日本国籍が証明され1946年に帰国。戦後は日本人山口淑子として活躍。黒沢明監督の『醜聞(スキャンダル)』(1950)や谷口千吉監督の『暁の脱走』(1950)などに出演。さらに人気を高めた。1950年に渡米してシャーリー・ヤマグチの名で映画に出演,翌1951年国際的彫刻家イサム・ノグチと結婚。離婚を経て外交官の大鷹弘と再婚。1958年に芸能界を退いたが,1969年フジテレビジョンのワイドショーの司会者として復帰。その後,政治家に転身。1974年,自由民主党から参議院議員通常選挙に出馬して当選。3期18年務め,環境政務次官などを歴任した。1993年勲二等宝冠章を受章。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 中華民国
  • 奉天
  • 中華
  • 人民
  • 共和国
  • 灯塔
  • 煙台
  • 遼寧省
  • 中国
  • 出生地
  • 年月日
  • 死没