生年月日データベース

ジュリアン・シュウィンガーJulian Schwinger

物理学者[アメリカ]

1918年 2月12日

ジュリアン・シュウィンガー - ウィキペディアより引用

ジュリアン・セイモア・シュウィンガー(Julian Seymour Schwinger, 1918年2月12日 - 1994年7月16日)はアメリカ合衆国の理論物理学者。
繰り込み理論によって量子電磁力学を完成させた功績で朝永振一郎、リチャード・P・ファインマンとともに1965年のノーベル物理学賞を受賞した。
ニューヨークでポーランド系ユダヤ人の家庭に生まれる。
父は当時オーストリア=ハンガリー帝国の支配下にあったノヴィ・ソンチの出身で、母は現ポーランドのウッチ出身。
ニューヨーク市立大学シティカレッジに学び、1939年コロンビア大学のイジドール・イザーク・ラービのもとで、博士号を得た。
カリフォルニア大学バークレー校で働いたあと、インディアナ州のパデュー大学で研究した。
第二次世界大戦中は マサチューセッツ工科大学の放射線研究所でレーダーの開発に加わった。
戦後、ハーバード大学に移り1945年から1974年までそこで教えた。
ハーバード大学在職中にラムシフトの説明に繰り込み理論を適用して成功をおさめた。

■ 関連書籍

連想語句
  • ポーランド
  • 理論
  • ウッチ
  • オーストリア
  • ソンチ
  • ニューヨーク
  • ノヴィ
  • ノーベル
  • ハンガリー
  • ファイン
  • マン
  • ユダヤ人
  • リチャード
  • 出身
  • 力学
  • 学者
  • 帝国
  • 朝永振一郎
  • 物理
  • 物理学賞
  • 著作
  • 量子
  • 関連
  • 電磁
  • 功績
  • 受賞
  • 完成
  • 家庭
  • 当時
  • 支配