生年月日データベース

チャールズ・ダーウィンCharles Robert Darwin

生物学者地理学者[イギリス]

1809年 2月12日

1882年 4月19日 死去享年74歳
チャールズ・ダーウィン - ウィキペディアより引用

チャールズ・ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin ([tʃɑrlz 'dɑː.wɪn]), 1809年2月12日 - 1882年4月19日)は、イギリスの自然科学者。
卓越した地質学者・生物学者で、種の形成理論を構築。
全ての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、彼が自然選択と呼んだプロセスを通して進化したことを明らかにした。
進化の事実は存命中に科学界と一般大衆に受け入れられた一方で、自然選択の理論が進化の主要な原動力と見なされるようになったのは1930年代であり、自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つである。
また彼の科学的な発見は修正を施されながら生物多様性に一貫した理論的説明を与え、現代生物学の基盤をなしている。
進化論の提唱の功績から今日では生物学者と一般的に見なされる傾向にあるが、自身は存命中に地質学者を名乗っており、現代の学会でも地質学者であるという認識が確立している。
エディンバラ大学で医学、ケンブリッジ大学でキリスト教神学を学んでいるときに自然史への興味を育んだ。

■ 関連書籍

Charles Robert Darwin 英国の生物学者。1809年生まれ。Christ's College(Cambridgeの大学群の1つ)で学ぶ。『進化論』を提唱した人として有名。 ガラパゴス諸島での観察から着想を得て「自然淘汰」による進化論を提唱。1859年『種の起源』を著す。1882年没。「地球上のすべての種は同じ起源を持つ」という共通起源説を唱え、ほかの説ともども激しい抵抗を受けた。 ウェッジウッドの創業者である陶芸家ジョサイア・ウェッジウッドの孫にあたる。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 学者
  • 進化
  • 生物
  • 地質
  • 生物学
  • 自然選択
  • イギリス
  • ビーグル
  • 共通
  • 基盤
  • 多様性
  • 幼少期
  • 概要
  • 現代
  • 理論
  • 生物種
  • 祖先
  • 科学
  • 自然
  • 航海
  • プロセス
  • 一つ
  • 一方
  • 一般
  • 一貫
  • 主要
  • 事実
  • 今日
  • 修正
  • 傾向
  • 全て
  • 分類
  • 功績
  • 卓越
  • 原動力
  • 大衆
  • 学界
  • 帰国
  • 形成
  • 提唱
  • 時間
  • 構築
  • 現在
  • 発見
  • 確立
  • 科学者
  • 自身
  • 認識
  • 説明
  • 進化論