生年月日データベース

大竹寛

プロ野球選手[日本]

1983年 5月21日

大竹寛 - ウィキペディアより引用

大竹 寛(おおたけ かん、1983年5月21日 - )は、埼玉県八潮市出身の読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(投手)。
プロ入り前 浦和学院高2年夏に甲子園で2回戦で敗退。
当時は1学年上の坂元弥太郎がエースだったため、登板機会なし。
2年秋の関東大会からエースになるが水戸商業に初戦敗退。
3年春は県大会で東農大三高に惜敗。
3年夏の埼玉県大会では春日部共栄に9回表二死まで3-1とリードしていたが、味方のエラーで逆転され県大会ベスト8にとどまった。
また、日本代表としてアジアAAA選手権に出場した。
2001年のプロ野球ドラフト会議で、広島東洋カープに1巡目指名で入団。
広島時代 2002年、故障により一軍登板はなかったが、2003年に一軍初登板、初勝利を記録した。
2004年は開幕直後は先発ローテーションの一角として5試合に先発。
中継ぎに回った後、永川勝浩の不調によりシーズン途中から抑えに指名された。
43試合に登板して防御率3.18、17セーブを挙げる好成績を残した。

■ 関連書籍

プロ野球、読売ジャイアンツの選手。 右投右打、ポジションは投手。背番号は17番。 1983年5月21日生まれ。埼玉県八潮市出身。 浦和学院高校で2000年、夏の甲子園に出場。 2002年、ドラフト1巡目で広島東洋カープに入団。 2003年、一軍に昇格しクローザーとなる。 2005年、先発に転向し2桁勝利を挙げる。 2006年も先発投手として活躍。 2008年、開幕投手。8回1失点と好投も救援投手が打たれたため勝ちがつかず。 2009年、4月末〜5月末にかけてセリーグ6位となる43イニング連続無失点を記録し、5月の月間MVPを獲得するなど活躍し、防御率2.81で4年ぶりの2桁勝利を挙げた。 2010年・11年は怪我に苦しんだものの、2012年にカムバック賞を受賞。 2014年、FA権を行使して読売ジャイアンツへ移籍。本人いわく「関東地方(の球団)でプレーしたい」が移籍の理由である。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 投手
  • 時代
  • 選手
  • プロ
  • プロ野球
  • 代表
  • 八潮市
  • 埼玉県
  • 巨人
  • 年度
  • 広島
  • 成績
  • 登場
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 読売ジャイアンツ
  • 関連
  • おおたけ
  • 出身
  • 右打
  • 右投
  • 大竹
  • 所属
  • 現在