生年月日データベース

愛染恭子あいぞめきょうこ

ポルノ監督、元女優[日本]

(旧芸名・青山涼子)

1958年 2月9日 生 (満60歳)

愛染 恭子(あいぞめ きょうこ、1958年2月9日 - )は、日本のポルノ監督、元ポルノ女優、元AV女優。
旧芸名、青山 涼子(あおやま りょうこ)。
千葉県野田市出身。
父方の祖母がカナダ人というクオーターである。
幼少の頃は髪が金髪であったと、本人が『週刊文春』のインタビューで答えている。
東京都立忍岡高等学校卒業後にスカウトされ、ヌードモデルとして活動していたが、青山涼子の芸名で1975年にピンク映画『痴漢地下鉄』でデビュー(一部の資料では、青山京子、青山淳子となっているが、いずれも誤り)。
その後、20本ほどのピンク映画に出演する。
1981年、『白日夢』の主演に抜擢されたことを契機に、愛染恭子と改名。
その後はストリップ劇場でも活動。
1983年1月、大阪府・十三のストリップ劇場に出演中に公然わいせつ罪で現行犯逮捕され、罰金5万円の命令を受けた。
同年7月には横浜でも同罪で逮捕、起訴猶予となっている。
1984年、アダルトビデオ作品『ザ・サバイバル』の処女喪失シーン撮影のために、処女膜再生手術を受けて話題になった。

1958年千葉生まれ。日本初の「本番女優」。 81年映画「白日夢」で衝撃デビュー。山本晋也監督の「未亡人下宿」シリーズで一世風靡。ポルノ映画、ストリップ界などで、「女王」として君臨する。84年には、ビデオの処女喪失シーンを撮影するため、処女膜?の再生手術を受けて話題に。 94年にポルノから引退し、「女優」「セックス・カウンセラー」へ。近年は監督業へも進出。 (引用元 Hatena Keyword)

「愛染恭子」と関連する人物

連想語句
  • 作品
  • エピソード
  • カナダ
  • テレビ
  • 写真
  • 出演
  • 原作
  • 改名
  • 書籍
  • 番組
  • 監督
  • 脚本
  • 配役
  • 野田市
  • 関連
  • 音楽
  • クオーター
  • 出身
  • 幼少
  • 本人
  • 父方
  • 祖母
  • 金髪