誕生日データベース

ジョン・ラスキンJohn Ruskin

作家、美術評論家[イギリス]

1819年 2月8日

1900年 1月20日 死去享年82歳
ジョン・ラスキンの名言
真に偉大な人かどうかを問う第一の試金石は、謙虚さである。
The first test of a truly great man is his humility.
ジョン・ラスキン - ウィキペディアより引用

ジョン・ラスキン(John Ruskin, 1819年2月8日 - 1900年1月20日)は、19世紀イギリス・ヴィクトリア時代を代表するの評論家・美術評論家である。
同時に芸術家のパトロンであり、設計製図や水彩画をこなし、社会思想家であり、篤志家であった。
ターナーやラファエル前派と交友を持ち、『近代画家論』を著した。
また、中世のゴシック美術を賛美する『建築の七燈』『ヴェニスの石』などを執筆した。
富裕な葡萄酒商人の一人っ子としてロンドンに生まれ育った。
両親はいとこ同士であり、母親の実家は宿付きの居酒屋を経営していた。
母親が非常に熱心な福音派の信者であったため、幼いころから聖書の暗記を命じられるなど、学校には行かずに両親と家庭教師によって宗教色の強い教育を受けた。
そのため、友人もなく、子供らしい遊びもしなかったが、家族でヨーロッパをしばしば旅したことで、自然に親しみ、動植物や風景を観察し、スケッチする習慣を身に付けた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 評論家
  • 美術
  • ゴシック
  • ラスキン
  • ラファエル
  • ロンドン
  • 中世
  • 刊行
  • 建築
  • 影響
  • 戦前
  • 母親
  • 水彩
  • 福音
  • 著作
  • 訳書
  • 関連
  • いとこ同士
  • ころ
  • ターナー
  • パトロン
  • ヴェニス
  • 一人っ子
  • 両親
  • 交友
  • 信者
  • 商人
  • 執筆
  • 実家
  • 宿
  • 富裕
  • 居酒屋
  • 思想家
  • 水彩画
  • 画家
  • 社会
  • 篤志家
  • 経営
  • 芸術家
  • 葡萄酒
  • 製図
  • 設計
  • 賛美
  • 近代