生年月日データベース

デヴィ・スカルノDewi Sukarno

スカルノ元大統領第3夫人、タレント[日本→インドネシア]

(通称・デヴィ夫人)

1940年 2月6日 生 (満78歳)

デヴィ・スカルノ - ウィキペディアより引用

デヴィ・スカルノ(Dewi Sukarno、1940年(昭和15年)2月6日 - )は、日本生まれでインドネシア国籍のタレント。
インドネシアのスカルノ元大統領第3夫人。
NPO法人アースエイドソサエティ総裁。
株式会社デヴィーナ・ソサエティ代表取締役。
本名・インドネシア名:ラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ(Ratna Sari Dewi Sukarno)、旧名・日本名:根本 七保子(ねもと なおこ)、通称はデヴィ夫人。
スカルノ大統領との間に生まれた一人娘のカリナは、2005年(平成17年)11月26日にオランダで米系大手金融機関シティバンクの欧州・中近東・アフリカ地区CEOフレデリック・シーガスと挙式している。
生い立ち 東京府東京市麻布区霞町(現在の東京都港区西麻布)に父・兵七郎と母・政子の間に生まれる。
父は麻布区霞町界隈の大工であり、弟が1人いた(八曾男)。
家庭は裕福ではなく多額の借金をしていた。
太平洋戦争中は、母・弟の3人で福島県に疎開していた。
無名エキストラ女優~高級クラブ 15歳だった1955年(昭和30年)、新東宝制作の映画『青ヶ島の子供たち 女教師の記録』(白黒映画)にエキストラ出演。

■ 映像作品

■ 関連書籍

Ratna Sari Dewi Sukarno インドネシア元大統領スカルノの第3夫人。現タレント。 日本名:根本七保子 1940年2月6日東京都生まれ 都内の高校を卒業後、銀座の高級クラブ「コパカバーナ」のホステスとなる。 1959年に訪日中のスカルノの目に止まり、インドネシアへ渡る。同年スカルノと結婚。第3夫人になる。 1965年 軍事クーデターでスカルノが失脚。その後スカルノが死去するとジャカルタを離れてパリへ移住。 1980年 インドネシアへ戻り、石油関連の事業を起こす。 1991年にニューヨークへと移住。 1990年代後半以降、日本を拠点にタレントとして活躍。 2006年9月 経営するイベント企画会社の元社員が、テレビ番組で暴行を受けたとするうその発言をされ、名誉を傷つけられたとして、夫人を相手に220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は「元社員が夫人に暴力を振るった事実はない」として名誉棄損を認め、夫人に30万円の支払いを命じた。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • スカルノ
  • 大統領
  • 夫人
  • インドネシア
  • エキストラ
  • ガス
  • クラブ
  • シティバンク
  • シー
  • ソサエティ
  • タレント
  • デヴィ
  • フレデリック
  • 傷害
  • 失脚
  • 女優
  • 死後
  • 法人
  • 無名
  • 高級
  • なおこ
  • ねもと
  • アフリカ
  • アース
  • エイド
  • オランダ
  • カリナ
  • サリ
  • デヴィーナ
  • ラトナ
  • 一人娘
  • 七保子
  • 中近東
  • 代表
  • 元大統領
  • 取締役
  • 営利
  • 地区
  • 大手
  • 平成
  • 挙式
  • 日本名
  • 旧名
  • 本名
  • 株式会社
  • 根本
  • 機関
  • 欧州
  • 活動
  • 特定
  • 米系
  • 総裁
  • 通称
  • 逮捕
  • 金融