誕生日データベース

ハンク・アーロンHenry Louis “Hank” Aaron

メジャーリーガー[アメリカ]

1934年 2月5日

ハンク・アーロン - ウィキペディアより引用

ヘンリー・ルイス・アーロン(Henry Louis Aaron, 1934年2月5日 - )は、アメリカ合衆国のアラバマ州モービル出身の元プロ野球選手(外野手)。
愛称は「ハマー(Hammer)」。
人種差別を乗り越え、記録した大リーグ通算本塁打755本はベーブ・ルースを超え、2007年にバリー・ボンズに抜かれるまで33年間MLB歴代1位だった。
ベジタリアンとしても有名である。
プロ入り前 子供時代は近くに野球チームが無く、ソーダの栓やぼろ布、ブリキの蓋などで野球のまねごとをしていた。
ジャッキー・ロビンソンの所属したブルックリン・ドジャースが2軍のチームと試合をするためにモービルを訪れた時、幼いアーロンは野球や人生について話すのを聞いた。
弟のトミー・アーロンも後にメジャーリーガーとなったが、ハンクが殿堂入りした2年後(1984年)に白血病により亡くなっている。
エド・スコットの仲介でニグロリーグのインディアナポリス・クラウンズに入団して、最初は遊撃手として力をつけ、ルーキー・イヤーの1952年に早速ボストン・ブレーブス(現・アトランタ・ブレーブス)のスカウトの目にとまり、契約を結ぶこととなる。

■ 映像作品

■ 関連書籍

Henry Louis "Hank" Aaron(ヘンリー・ルイス・“ハンク”・アーロン) ハンク・アーロンは、1950〜70年代の元MLB選手。 ポジションは内野手。 1934年2月5日生まれ。アラバマ州モービル出身。 通算本塁打755本は、元MLB記録*1、通算安打数3,771は、MLB史上3位。 ニグロリーグのクラウンズから1952年にミルウォーキー・ブレーブス(現・アトランタ・ブレーブス)に入団。 1957年にはナショナル・リーグ優勝を果たし、ワールドシリーズではニューヨーク・ヤンキースを破ってワールドチャンピオンになった。 1974年4月8日、715本目の本塁打を放ち、ベーブ・ルースの記録を更新。この年の秋には日米野球で来日し、王貞治と本塁打競争を行い、10対9で王を破った。 1975年からミルウォーキー・ブリュワーズに移籍。2年間プレーして引退。 1982年に野球殿堂入り。アトランタ・ブレーブス、ミルウォーキー・ブリュワーズ在籍時につけていた背番号44はそれぞれ永久欠番。 1999年、記録更新25周年を記念し彼の功績をたたえた「ハンク・アーロン賞」が創設される。 引退後はブレーブスの球団副会長などを務めている。 *1:2007年にバリー・ボンズに抜かれた (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 時代
  • 選手
  • アラバマ州
  • アメリカ
  • タイトル
  • バリー
  • ブルワーズ
  • ブレーブス
  • プロ
  • プロ野球
  • ベジタリアン
  • ベーブ
  • ボンズ
  • モービル
  • ルース
  • 合衆国
  • 外野手
  • 年度
  • 引退
  • 成績
  • 打撃
  • 表彰
  • 詳細
  • アーロン
  • ハマー
  • ヘンリー
  • ルイス
  • 出身
  • 愛称
  • 有名
  • 本塁打
  • 歴代
  • 通算