生年月日データベース

岡田節人おかだときんど

発生生物学者[日本]

1927年 2月4日

2017年 1月17日 死去肺炎享年91歳

岡田 節人(おかだ ときんど、1927年2月4日 - )は、日本の発生生物学者。
JT生命誌研究館名誉顧問、京都大学名誉教授。
理学博士。
兵庫県伊丹市出身。
伊丹市名誉市民。
京都市名誉市民。
一般向けの著書も書いており、クラシック音楽好きである。
妻・岡田瑛(1928- 京大理学部卒、生物学、神戸海星女子学院大学教授)は脇圭平の妹。
息子岡田暁生は音楽学者。
父は国文学者岡田利兵衞で、元伊丹市長でもあった。
父利兵衞が地元に没後設立した財団法人「柿衞文庫」理事・名誉館長でもある。
四方田犬彦の母方の遠縁にあたる。
伊丹尋常高等小学校、甲南高等学校 (旧制)卒業 1950年 京都大学理学部動物学科卒業 1954年 京都大学理学部動物学科助手(動物学第三講座) 1957年 エジンバラ大学動物遺伝学研究所留学 1959年 京都大学より理学博士 題は「両生類の消化器官分化に関する実験形態学的研究 」 1960年 京都大学理学部動物学科講師(動物学第三講座) 1961年12月 京都大学理学部動物学科助教授(動物学第三講座) 1964年 米国カーネギー発生学研究所留学 1967年8月 京都大学理学部動物学科教授(発生生物学講座) 1968年4月 京都大学理学部生物物理学科教授(原形質物性学講座 動物学科発生生物学講座教授兼任(1971年5月まで)) 1984年 岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所所長に転任 1985年4月 京都大学名誉教授 1989年 岡崎国立共同研究機構長 1990年 退官 1993年 JT生命誌研究館館長(2003年3月まで) その他の役職 1977-1983年 日本発生生物学会会長 1981-1985年 国際発生生物学会会長 1990年 スペイン王立科学アカデミー会員 1990年 インド科学アカデミー会員 1991-1996年国際生物科学連合副総裁 受賞歴・叙勲歴 1986年 中日文化賞 1989年 国際発生生物学会ハリソン賞 ……

■ 関連書籍

おかだ-ときんど 1927-昭和後期-平成時代の発生生物学者。昭和2年2月4日生まれ。42年京大教授となる。平成元年岡崎国立共同研究機構長,5年JT生命誌研究館館長。眼の水晶体細胞の培養に成功。また細胞どうしの親和力を解明する。元年ハリソン賞。日本発生生物学会会長,国際生物科学連合副総裁などをつとめた。科学と文化について積極的に発言。7年文化功労者。19年文化勲章。兵庫県出身。京大卒。著作に「細胞の社会」など。 (引用元 コトバンク)

「岡田節人」と関連する人物

連想語句
  • 名誉
  • 市民
  • 伊丹市
  • 著書
  • 京都大学
  • 共編
  • 兵庫県
  • 出典
  • 単著
  • 博士
  • 受賞歴
  • 叙勲
  • 名誉教授
  • 役職
  • 理学
  • 生命
  • 翻訳
  • 一般向け
  • 京都市
  • 出身
  • 物学
  • 生物学
  • 発生
  • 顧問