誕生日データベース

桃井真

国際政治評論家[日本]

1923年 2月4日

桃井 真(ももい まこと、1923年2月4日 - 2004年4月18日)は、日本の国際政治学者・軍事アナリスト。
翻訳家・編集者としても活躍した。
女優桃井かおりの父。
陸軍委託学生として東京外国語学校英語部を卒業、中野学校へ送られ参謀本部諜報部に属した後、久留米予備士官学校を卒業した。
卒業後、任官と同時に参謀本部諜報部欧米班で放送傍聴に従事。
終戦後、経歴を偽り進駐米軍属として一時勤務。
のち、北日本貿易、エイジアン・エコノミックレビュー、ブリティッシュ・インポート、日本商工会議所アジア経済研究会などを経て、1954年に防衛庁防衛研修所(のち防衛研究所)に入所、ハーバード大学に派遣された。
国際関係論研究に従事し、第五研究室長、研究部長などを歴任。
1982年、防衛研修所を退所。
その後はフリーの国際政治評論家・軍事アナリストとして活躍した。
1993年叙勲四等授旭日小綬章。
2004年に動脈硬化により81歳で死去した。
叙従四位。
著書 単著 『ケネディにつづく若者たち――"ジャーナリスト"のハーバード大学留学記』(講談社、1963年) 『生残りの戦略――八十年代の安全保障』(オリエント書房、1978年) 『戦略(グランドデザイン)なき国家は、挫折する――アメリカが見捨てる、ソ連が牙をむく』(光文社、1984年) 『危機のシナリオと戦略――戦争・資源・災害…日本の「安全」をどう守るか』(PHP研究所、1985年) 『SDIと日本の戦略――第二の開国を迫られるわが国の安全保障』(読売新聞社、1986年) 『国籍不明「海底戦車」の謎』(二見書房、1986年) 『日本が日米同盟の崩壊を恐れない理由――大国興亡の法則』(光文社、1988年) 『2001年・日本の軍事力――「有事」の際、本当はどこまで守れるのか』(祥伝社、1998年) 共著 『エネルギ ……

■ 関連書籍

ももい-まこと 1923-2004昭和後期-平成時代の軍事評論家。大正12年2月4日生まれ。女優桃井かおりの父。ハーバード大大学院修了後,「アジア-エコノミック-レビュー」編集長をつとめる。昭和29年防衛庁の防衛研修所(現防衛研究所)にはいり,のち研究部長。防衛問題を国際戦略,資源問題の視点から研究した。平成16年4月18日死去。81歳。神奈川県出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。著作に「日本の安全・世界の平和」など。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 学校
  • 卒業
  • 参謀本部
  • 防衛
  • 日本
  • ハーバード
  • 中野
  • 予備
  • 共編
  • 共著
  • 出典
  • 単著
  • 士官
  • 外国語
  • 大学
  • 家族
  • 東京
  • 桃井かおり
  • 研修所
  • 研究所
  • 著書
  • 訳書
  • 陸軍
  • アジア
  • インポート
  • エイジアン
  • エコノミック
  • ブリティッシュ
  • レビュー
  • 久留米
  • 任官
  • 傍聴
  • 入所
  • 勤務
  • 北日本
  • 女優
  • 委託
  • 学生
  • 従事
  • 放送
  • 日本商工会議所
  • 派遣
  • 研究会
  • 終戦
  • 経済
  • 英語
  • 貿易
  • 軍属
  • 進駐
  • 防衛庁