誕生日データベース

大越基

プロ野球選手、指導者[日本]

1971年 5月20日

大越 基(おおこし もとい、1971年5月20日 - )は、宮城県宮城郡七ヶ浜町出身の元プロ野球選手(外野手、投手)。
2007年より早鞆高等学校で保健体育の教師、2009年からは同校野球部監督も務めている。
来歴・人物 プロ入り前 七ヶ浜町に生まれ、亦楽小学校で2年生の時に野球を始める。
宮城球場でロッテの試合を観戦した際にサインをもらい、嬉しくて変色するまで机に飾っていたという。
会社員だった父の転勤にともない、小学校6年生の時に青森県八戸市に転校した。
このため一部文献では青森県出身と表記されている。
八戸二中では速球派投手として評価され、市内の3つの高校の野球部から勧誘を受けたという。
しかし小さい頃からの憧れもあり、寮生活に反対する両親を説得して仙台育英に進学した。
高校ではエースとして第61回選抜大会に出場、1回戦で13奪三振、2回戦では12奪三振と面白いように三振を取ってチームも勝ち進んだ。
しかし上宮との準々決勝で元木大介に気圧され、竹田利秋監督の指示通りに内角を攻められず本塁打を打たれてチームも敗れた。
連想語句
プロ野球年度成績投手選手七ヶ浜町体育保健外野手学校宮城県宮城郡早鞆野球高等おこしスタイルプレープロ人物出身同校大越守備引退情報打撃教師時代来歴監督目次記録詳細

↑ PAGE TOP