誕生日データベース

アブドゥッラー2世Abdullāh aṯ-Ṯānī bin al-Ḥusayn

ヨルダン国王[ヨルダン]

アブドゥッラー2世 - ウィキペディアより引用
アブドゥッラー2世・ビン・アル=フセイン(العربية: عبد الله الثاني بن الحسين‎‎, ラテン文字転写: Abdullāh aṯ-Ṯānī bin al-Ḥusayn、1962年1月30日 - )は、ヨルダン国王(在位:1999年2月7日 - )。
イスラム教開祖ムハンマドの血筋を引くハーシム家の出身。
1962年1月30日、国王フセイン1世と2番目の妻・ムナー・アル=フセイン王妃との間に長男として生まれる。
生後間もなく王太子に指名されるが、1965年に叔父のハッサンに王位継承権が移る。
1966年、4歳のときにイギリスに留学し教育を受け、1981年にサンドハースト英陸軍士官学校卒業。
1983年にはオックスフォード大学で国際政治学を聴講。
1987年 - 1988年にはアメリカのジョージタウン大学大学院修士課程(国際関係論)。
1993年6月10日に半年間の交際を経てクウェート出身で両親がパレスチナ人のラーニアと結婚。
2男2女をもうけている。
1999年1月、フセイン国王によりハッサン王太弟に代わって再び王太子に叙任。

「アブドゥッラー2世」と関連する人物

小泉純一郎
連想語句
フセインヨルダンイギリスイスラム教サンドハーシムハーストムハンマド国王士官学校関連陸軍ときアルハッサンムナー出身卒業叔父在位太子指名教育王位王妃王立生後留学継承血筋長男開祖

↑ PAGE TOP