生年月日データベース

横山ノックよこやまのっく

お笑いタレント司会者政治屋[日本]

1932年 1月30日

2007年 5月3日 死去中咽頭がん享年76歳

横山 ノック(よこやま ノック、本名 山田 勇(やまだ いさむ)、1932年1月30日 - 2007年5月3日)は、お笑いタレント、元参議院議員、元大阪府知事。
兵庫県神戸市生まれ。
愛称は「ピッカリくん」「タコ小僧」「明石のタコ」「ノック先生」。
立川談志一門でもあり、「立川禿談次」という高座名も持つ。
個人事務所のやまだ真企画に所属していた。
トレードマークは、電電公社のマーク。
島田紳助と板東英二が株式投資の相談をしていた時、通りがかりだったノックは「養命酒、いけるぞー!!」と発言した。
早速、板東と紳助は養命酒製造株式会社の株式を購入したが、養命酒の株価は下落して、結果的に投資は失敗した。
後日、紳助が「養命酒(の株を買ったが失敗したので)でエライ目(酷い目)にあいましたよ、養命酒(の株)はいいと教えてくれたのはどこの誰ですか?」とノックに言ったが、ノックは「身体に一番いいんだ!」と返答した。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

前大阪府知事・元参議院議員・コメディアン・タレント 本名:山田勇(やまだ いさむ) 誕生日:1932年1月30日 出身地:兵庫県神戸市 1956年、吉本興業入社。 1957年、上岡龍太郎(当時は横山パンチ)・青芝フック(同横山フック)とお笑いトリオ「漫画トリオ」を結成して人気を博した。ノックの当時のトレードマークは髪の薄くなった頭に「ピンカール?」と呼ばれるつけ毛。「パンパカパーン、今週のハイライト!」のフレーズでお馴染み。それより前には、横山アウトとのコンビ「ノックアウト」を結成していた。 1968年、「漫画トリオ」解散。横山は参院選全国区に出馬し初当選。以降通算4期途中まで議員を務める(1974年に一度落選)。第二院クラブ(二院クラブ、二院ク)、民社党・国民連合に所属。 1995年、大阪府知事選に無所属で出馬し初当選を飾る。当時は東京都知事の青島幸男と並んで「無党派知事」と称され人気を得た。 1999年、再選し2期目に入るも知事選の選挙活動中における女性運動員へのセクハラ疑惑が発覚し、裁判沙汰となったため辞職。翌年、執行猶予付きの有罪判決を受け確定。しばらくの間芸能活動も自粛。 2007年5月3日、兵庫県内の病院にて咽頭がんのため死去。75歳。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 参議院
  • 議員
  • トリオ
  • 知事
  • 芸能
  • マーク
  • 大阪府
  • 神戸市
  • わいせつ
  • タコ
  • 事件
  • 兵庫県
  • 判決
  • 執行猶予
  • 強制
  • 時代
  • 晩年
  • 最期
  • 有罪
  • 活動
  • 満了
  • 漫才
  • 漫画
  • 生田
  • 相生町
  • 立川談志
  • 自粛
  • 若手
  • 解散
  • 誕生
  • 辞職
  • 追放
  • やまだ
  • カリ
  • トレード
  • ノック
  • 一門
  • 事務所
  • 企画
  • 個人
  • 兄弟
  • 先生
  • 公社
  • 小僧
  • 愛称
  • 所属
  • 日本電信電話
  • 明石
  • 禿
  • 立川
  • 都道府県
  • 長男
  • 電電公社
  • 高座