生年月日データベース

小林幹英こばやしかんえい

プロ野球選手[日本]

1974年 1月29日

小林幹英 - ウィキペディアより引用

小林 幹英(こばやし かんえい、1974年1月29日 - )は、広島県生まれ、新潟県育ちの元プロ野球選手(投手)。
現在は広島東洋カープ一軍投手コーチ。
現役時代は投球時にグラブを突き出す独特のフォームが大きな特徴だった。
来歴・人物 父が国家公務員であったため、幼少期は転勤で全国を転々とする。
小学4年時から新潟市(現東区)に定住。
新潟東リトルリーグで本格的にプレーを開始し、新潟市立藤見中学校3年時の1988年、新潟市営鳥屋野野球場で開催されたヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズ戦の試合前には始球式を務めた。
新潟明訓高校では3年時に第73回全国高等学校野球選手権大会に出場するも開幕戦で岡本克道を擁した柳ヶ浦高校に敗れた。
卒業後は、東都大学野球の専修大学へ進み、後にチームメイトとなる1年後輩・黒田博樹との両輪で4年秋に東都大学リーグ2部で優勝し1部に昇格。
卒業時はドラフト候補にも挙がったものの指名は見送られ、社会人のプリンスホテルへ。
1996年の第67回都市対抗野球大会に出場後、1997年ドラフト4位で広島東洋カープに入団。

プロ野球選手(投手)、指導者。 1974年1月29日生まれ、広島県広島市南区で生まれ、新潟県新潟市で育つ。O型。右投右打。 ルーキーイヤーの1998年、開幕戦でプロ初勝利を挙げ、9勝6敗18セーブという好成績を残し、川上憲伸・坪井智哉・高橋由伸と熾烈な新人王争いを行った。 その年の新人王は獲得できなかったが連盟特別賞を受賞。 その後は不振が続き一時期中継ぎでまずまずの成績を残したが、2003年のヘルニアの手術後は満足な結果が出せなかった。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 関連
  • 投手
  • コーチ
  • プロ野球
  • 新潟市
  • ドカベン
  • 年度
  • 広島東洋カープ
  • 広島県
  • 成績
  • 新潟県
  • 東区
  • 背番号
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • かんえい
  • こばやし
  • グラブ
  • フォーム
  • 一軍
  • 出身
  • 右打
  • 右投
  • 小林
  • 幹英
  • 投球
  • 時代
  • 独特
  • 現在
  • 現役