誕生日データベース

杉本美樹

女優[日本]

1953年 1月28日

杉本 美樹(すぎもと みき、本名:安部信子(旧姓・西海)、公称1953年1月28日 - )は、1970年代に活躍した日本の元女優。

神奈川県茅ヶ崎市生まれ。
モデル業をしているところを東映にスカウトされ、1971年、『温泉みみず芸者』で池玲子と共に映画デビューを果たす。
主演である池の妹役で、宣伝ポスターにも大きく写る鳴り物入り(ポスターには大型ポルノ女優池玲子、杉本美樹の誕生という惹句も記されている)のデビューであった。
しかし、映画出演2作目となる『女番長ブルース 牝蜂の逆襲』からは、東映ピンク映画 ポルノのスター女優の座を駆け上がっていった池との差は開いていき、助演として存在感は小さくなっていく。
池にはハードすぎる拷問シーンを引き受けるようなポジションとなっていた。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

女優。 1953年1月28日生まれ、神奈川県茅ヶ崎市出身。下着モデルなどをしていたところ、東映の天尾完次プロデューサーに見いだされ、1971年に、鈴木則文監督『温泉みみず芸者』で、主演の池玲子とともに、鳴り物入りの映画デビューを果たす。デビュー後またたく間にスターポルノ女優となった池玲子とは対照的に、2作目以降、杉本は陰の薄い存在に暫くは甘んじていたが、1972年、歌手転向騒動がおこした池玲子が主演を努める予定であった、『徳川セックス禁止令色情大名』の代役主演に抜擢され、作品は成功し、続く『温泉スッポン芸者』でも主演を務め、東映ポルノのスター女優に成長していく。池が短期間で映画復帰した後も、池と共に看板女優として、『女番長』シリーズ『恐怖女子高校』シリーズなどに出演し、東映ポルノの屋台骨を担った。 1974年公開の代表作『0課の女 赤い手錠』の後、「保母になる」という理由で、一旦、芸能界を離れたが、1975年の連続テレビドラマ『長崎犯科帳』のお文役で女優復帰した。1978年の結婚を期に引退。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 映画
  • 東映
  • 主演
  • 出演
  • 助演
  • 池玲子
  • みみず
  • グラフィー
  • シングル
  • スター
  • テレビドラマ
  • ディスコ
  • デビュー
  • ポスター
  • ポルノ
  • 女優
  • 温泉
  • 神奈川県
  • 芸者
  • 茅ヶ崎市
  • 関連
  • ところ
  • シーン
  • スカウト
  • ハード
  • ピンク
  • ブルース
  • ポジション
  • モデル
  • 俳優
  • 大型
  • 存在感
  • 宣言
  • 悪化
  • 惹句
  • 拷問
  • 歌手
  • 番長
  • 誕生
  • 転向
  • 逆襲
  • 関係
  • 鳴り物入り