誕生日データベース

松田耕平

マツダ 元社長・元会長[日本]

1922年 1月28日

松田耕平 - ウィキペディアより引用

松田 耕平(まつだ こうへい、1922年1月28日 - 2002年7月10日)は、マツダ(東洋工業)の創業者一族であり、同社元社長、プロ野球・広島東洋カープ元オーナー。
広島県広島市上幟町(現・中区)出身。
京北中学校 - 慶應義塾大学卒業。
祖父にマツダ創始者の松田重次郎、父に2代目社長の松田恒次を持つ。
長男は現・広島東洋カープオーナーの松田元。
次男は現・広島エフエム放送社長の松田弘。
来歴・人物 1956年に東洋工業のディーラーで子会社の広島マツダ社長に就任。
1970年に父・恒次が逝去したことを受け、東洋工業の3代目社長に就任。
当時同社の売りはロータリーエンジンであり、ロータリーエンジンこそマツダの活路と信じた耕平は、当時の主力車種だったファミリア、ルーチェ、同年登場したカペラなどにロータリーエンジンを搭載した。
しかし1973年のオイルショックによる省エネルギー化への風潮に、「ガソリンをがぶ飲みする」と言われていたロータリーエンジンは徐々に敬遠されていき、マツダ車のシェアも低下していった。

まつだこうへい [生]1922.1.28.大阪[没]2002.7.10.広島,広島実業家。プロ野球球団広島東洋カープのオーナー。1946年慶應義塾大学を卒業。1956年広島マツダ社長,1959年マツダオート広島社長を経て1961年,祖父の松田重次郎が創業した東洋工業(1984年マツダに改称)に入り,副社長となる。1970年社長。ロータリーエンジン車を量産化して自動車業界の先端に立ったが,第1次石油危機に直面して業績悪化を招く。主取引銀行主導型の経営再建が進み,1977年に会長。1979年アメリカ合衆国のフォード・モーターと資本提携して1980年取締役相談役に退いた。1998年から名誉相談役。一方,1970年に広島東洋カープのオーナーに就任後,斬新な運営で強い「赤ヘル軍団」を築いた。1975年にはセントラルリーグ初優勝に輝き,6度のリーグ優勝,3度の日本一の実績を上げた。1990年ドミニカ共和国に野球学校を開設,自前の選手発掘・育成に乗り出した。1992年勲二等旭日重光章,フランスの芸術文化勲章コマンドールを受章。2003年に野球殿堂入り。(→プロ野球) (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 中学校
  • 広島
  • 社長
  • 広島市
  • 広島東洋カープ
  • エフエム
  • オーナー
  • プロ野球
  • マツダ
  • 中区
  • 京北
  • 修道
  • 叙勲
  • 就任
  • 広島県
  • 慶應義塾大学
  • 放送
  • 東洋工業
  • 松田元
  • 松田弘
  • 松田恒次
  • 松田重次郎
  • 関連
  • アンフィニ
  • ディーラー
  • 上幟町
  • 出身
  • 創始者
  • 卒業
  • 同社
  • 子会社
  • 学校
  • 当時
  • 恒次
  • 旧制
  • 松田
  • 次男
  • 祖父
  • 逝去
  • 長男
  • 高等