誕生日データベース

鉢呂吉雄

政治家[日本]

鉢呂吉雄 - ウィキペディアより引用
鉢呂 吉雄(はちろ よしお、1948年1月25日 - )は、日本の政治家。
元衆議院議員(7期)。
生い立ち 北海道樺戸郡新十津川町出身。
北海道滝川高等学校を経て1971年北海道大学農学部を卒業し、今金町農業協同組合に勤務。
政治家として 1990年2月第39回衆議院議員総選挙に無所属で立候補(旧北海道3区)し初当選。
日本社会党入り。
1993年第40回衆議院議員総選挙で2選。
1996年1月大蔵政務次官に就任。
同年、社会民主党を離党し旧民主党の結党に参加。
同年の第41回衆議院議員総選挙では北海道8区において小選挙区で勝利し3選。
2000年の第42回衆議院議員総選挙において小選挙区で勝利し4選。
2000年秋、民主党代表の鳩山由紀夫が2年以内に憲法改正の方向性を打ち出す意向を表明すると、護憲派の議員を集めて二十一世紀の民主党を考える会を発足させる。
2003年3月、北海道知事選挙立候補のため議員辞職。
知事選では経済産業省課長を務めた高橋はるみ、自身と同じ90年社会党新人代議士伊東秀子らと争うが、高橋が当選し鉢呂は次点に終わる。
連想語句
議員北海道新十津川町参議院団体学校徳富所属政治家政策樺戸郡滝川立上衆議院連盟関連高等中学校会議出身卒業小学校常任幹事民進党

↑ PAGE TOP