誕生日データベース

アンヘル・ニエトAngel Nieto Roldan

オートバイレーサー[スペイン]

アンヘル・ニエト - ウィキペディアより引用
アンヘル・ニエト(Ángel Nieto Roldán、1947年1月25日 - )は、スペイン、カスティーリャ・イ・レオン州サモーラ出身のモーターサイクル・ロードレーサー。
ロードレース世界選手権の軽量級クラスで活躍し、50ccクラスと125ccクラスでのべ13もの世界タイトル(彼は13を不吉な数と考えているため、13と言わずに12+1勝と言っている)を獲得した。
これは2012年現在、歴代2位の記録(1位はジャコモ・アゴスチーニの15)。
2000年にMotoGP殿堂入り。
通算優勝回数は90回で、2008年5月18日にフランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権において、バレンティーノ・ロッシが通算90勝目を上げた際、ウィニングラン時にロッシのYZR-M1で「90+90」の旗を掲げてタンデム走行を披露した。
引退後は彼の息子であるアンヘル・ニエト・ジュニアおよび125ccクラスで優勝経験のあるエミリオ・アルサモラをライダーとする同選手権参戦チーム監督として活躍し、現在はスペインのロードレース選手権番組のコメンテーターとして活躍している。
連想語句
レースロードスペインクラスロッシ世界選手権アンヘルサモーラニエトバレンティーノ活躍アゴスチーニアルサモラエミリオサイクルジャコモジュニアマドリードモーター優勝殿堂通算選手権いくつかかれこれのべウィニングオートバイコメンテータータイトルタンデムチームトロフィーフランスマンミュージアムライダーランレーサー不吉世界以後出身参戦回数国王展示引退息子披露歴代母国獲得現在番組監督経験英雄記念記録走行軽量開催

↑ PAGE TOP