生年月日データベース

西村晃にしむらこう

俳優声優[日本]

1923年 1月25日

1997年 4月15日 死去心不全享年75歳
西村晃 - ウィキペディアより引用

西村 晃(にしむら こう、1923年(大正12年)1月25日 - 1997年(平成9年)4月15日)は、日本の俳優、声優。
北海道札幌市生まれ。
日本大学専門部芸術科(現・藝術学部)卒。
来歴・人物 日本初のロボットとされる「學天則」を製作した北海道帝国大学教授・西村真琴の次男。
後に映画『帝都物語』では父・真琴役を演じた。
戦前の学生時代より、新し物好きの父より与えられたローラースケートを始め、日本のローラースケーターのパイオニアの一人として藤山一郎らと並ぶ知名度を既に得ていた。
大学在学中より、舞台に立つなどして活動していたが、1943年に学徒動員で兵役にとられる。
第二次世界大戦中は海軍飛行予備学生、末期には徳島航空隊の特攻隊員だった。
出撃機不良で基地に引き返し、その後終戦を迎えている。
この特攻隊員時代からの友人に、裏千家15代家元の千玄室がいる。
飛行予備学生だったある時、上官から特攻志願者を募る旨を通達されると、千に「自分は行きたくない」ともらしたが、上記の通り徳島に配属された。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

俳優。日本大学専門部芸術科卒。 故人。 1923年1月25日生まれ。北海道出身。 父親は1928年に日本で初めて圧縮空気を使って手や頭を動かす人形・人造人間「学天則」を制作した理学博士・西村真琴である。*1 日本大学専門部芸術科に在学中に学徒動員で兵役を経験。裏千家十五代家元鵬雲斎?千宗室(現在の千玄室?大宗匠)と共に特攻隊員として訓練を受けたが、機体不良により不時着、生きたまま終戦を迎える。 戦後、東京芸術劇場の第一期研究生となり、その後、日活に所属。1951年、『風雪二十年』(日活)で映画初出演。 以後、多くの日活映画に登場し悪役を演じる事が多かったが、1964年の主演映画『赤い殺意』において、日本映画記者会男優賞、ブルーリボン賞男優助演賞などを受賞する。 1983年より、東野英治郎の後を受けて人気TV番組『水戸黄門』の水戸光圀役を演じ、東野黄門とはまた違った、スマートで品の良い二代目黄門像を確立。92年の第21部まで水戸光圀として出演。 何よりも水戸黄門が有名であるが、面白い仕事としては、 映画『ルパン三世 ルパンVS複製人間』で、悪役マモーの声をあてており、見事な怪演を見せている。 1997年4月15日、心不全のため他界。享年74歳。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • アニメ
  • エピソード
  • テレビ
  • テレビドラマ
  • ドラマ
  • ナレーション
  • ラジオ
  • ロボット
  • 俳優
  • 劇場
  • 北海道
  • 受賞歴
  • 天則
  • 映画
  • 札幌市
  • 洋画
  • 作品
  • 出演
  • 出演作
  • 出身
  • 日本初
  • 製作