生年月日データベース

喜多建介きたけんすけ

ミュージシャンアジアン・カンフー・ジェネレーション[日本]

1977年 1月24日

『』より : ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)は、日本の4人組ロックバンド。
略称「アジカン」。
所属事務所は、Spectrum Management。
所属レコード会社はKi/oon Music inc. 1996年4月、関東学院大学の軽音楽サークル内で結成された。
入学した際後藤が、別の音楽サークルから勧誘を受けるが、集合場所を間違えてしまい、本来来る予定ではなかった音楽サークルの集合場所に行ってしまい、そこで喜多建介と出会う。
当時、そのサークルにはUKロックファンが喜多しかおらず、話をしてるうちに盛り上がり「バンドを組もう!!」となり結成。
後藤曰く、「喜多君に待ち伏せされて結成した。
」と言う。
当時、後藤は2部、つまり夜間学生であったので授業が始まるのが夜からであったのにもかかわらず、喜多が夜まで大学構内で待っており後ろから「後藤君」と声をかけられたというエピソードがある。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

邦楽ロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONのギタリスト&コーラス。 神奈川県横浜市出身。 メンバーからは「ケンスイ」(主に後藤)「建ちゃん」などと呼ばれる。 シングル曲「ブルートレイン」で、初の作曲に参加。 声はスピッツの草野マサムネに似ていると本人も認めている。 シングル「ワールドアパート」のCP曲の「嘘とワンダーランド」で初のリードボーカルに挑戦。 (引用元 Hatena Keyword)

「喜多建介」と関連する人物