誕生日データベース

川端達夫かわばたたつお

政治家[日本]

1945年 1月24日

川端達夫 - ウィキペディアより引用

川端 達夫(かわばた たつお、1945年(昭和20年)1月24日 - )は、日本の政治家。
民進党所属(副議長就任に伴い会派離脱中)の衆議院議員(10期)、第66代衆議院副議長。
民主党国会対策委員長、民主党幹事長(第6代)、文部科学大臣(第12・13代)、内閣府特命担当大臣(科学技術政策担当)、総務大臣(第15代)、内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策担当)、内閣府特命担当大臣(地域主権推進担当)などを歴任。
来歴・人物 生い立ち 滋賀県蒲生郡(現近江八幡市)生まれ。
生家は薬局を営んでいた。
滋賀県立彦根東高等学校、京都大学工学部卒業。
京都大学大学院工学研究科修士課程修了後、東レに入社した。
開発研究に携わる傍ら、労働組合運動にも取り組んだ。
初当選から民主党結党まで 1986年、第38回衆議院議員総選挙に民社党公認で滋賀県全県区から出馬し、初当選した。
1994年の民社党解党に従い、新進党結党に参加。
1995年、日本社会党を離党した元社会党委員長の山花貞夫や元社会党書記長の赤松広隆、日本新党を離党し当時無所属の海江田万里らによる、社会党や新党さきがけに代わるリベラル新党結成の動きに同調して新進党を離党するが、阪神大震災後の同年10月に新進党に復党。

かわばた-たつお 1945-昭和後期-平成時代の政治家。昭和20年1月24日生まれ。東レ勤務をへて,昭和61年民社党から出馬し衆議院議員初当選(当選10回)。新進党,新党友愛をへて,平成10年民主党にくわわる。党国会対策委員長,幹事長,衆議院安全保障委員会委員長などをつとめる。21年鳩山連立内閣の文部科学相。22年科学技術政策担当相を兼務。同年菅連立内閣で文部科学相,科学技術政策担当相に再任。23年野田連立内閣の総務相・内閣府特命担当相(沖縄及び北方対策,地域主権推進)・地域活性化担当,24年野田改造内閣・第2次改造内閣でも留任。同年の総選挙で落選したが,26年滋賀県知事選に立候補した三日月大造の辞職で繰り上げ当選。26年衆議院副議長。滋賀県出身。京大卒。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 大臣
  • 担当
  • 民主党
  • 内閣府
  • 特命
  • 対策
  • 政権
  • 内閣
  • 衆議院
  • 野田
  • 下野
  • 主権
  • 初当選
  • 副議長
  • 北方
  • 協会
  • 国会
  • 国民
  • 地域
  • 幹事
  • 推進
  • 政策
  • 文部
  • 時代
  • 民社
  • 沖縄
  • 科学
  • 科学技術
  • 結党
  • 総務
  • 繰り上げ当選
  • 落選
  • 野党
  • 鳩山
  • 委員会
  • 委員長
  • 就任
  • 歴任
  • 理事
  • 衆議
  • 議長
  • 鳩山由紀夫