生年月日データベース

川上則雄かわかみのりお

物理学者[日本]

1958年 1月21日 生 (満60歳)

川上 則雄(かわかみ のりお、1958年1月21日 - )は、日本の物理学者。
京都大学教授。
工学博士(大阪大学、1986年)。
岡山県美星町生まれ。
専門は凝縮系物性理論。
特に、フェルミ液体論を適用できない低次元電子系の理論。
素粒子物理学者の梁成吉と共に、従来の朝永・ラッティンジャー模型では扱えなかった強相関1次元電子系に共形場理論を導入し、1次元電子系における臨界現象を普遍的に記述することに成功した。
他に近藤効果を記述するアンダーソン模型の厳密解の発見など。
1980年 - 大阪大学工学部応用物理学科卒業 1982年 - 大阪大学大学院工学研究科応用物理学専攻修士課程修了 1984年6月 - 大阪大学工学部助手 1989年1月 - 京都大学基礎物理学研究所助教授 1995年6月 - 大阪大学大学院工学研究科教授 2006年 - 京都大学大学院理学研究科教授(併任) 2007年4月 - 京都大学大学院理学研究科教授(専任) 受賞歴 1992年 - 日本IBM科学賞を受賞 1995年 - 「共形場理論に基づく1次元電子系の研究」の業績により、仁科記念賞を受賞 著書 単著 『1次元電子系の数理:共形場理論の応用』(岩波書店, 2002年) 共著 『共形場理論と1次元量子系』(岩波書店, 1997年)。

■ 関連書籍

連想語句
  • 模型
  • 理論
  • 電子
  • 大阪大学
  • アンダーソン
  • フェルミ
  • 低次元
  • 共著
  • 効果
  • 単著
  • 博士
  • 受賞歴
  • 大学院
  • 岡山県
  • 工学
  • 工学部
  • 朝永
  • 梁成吉
  • 液体
  • 物理
  • 現象
  • 美星町
  • 臨界
  • 著書
  • 近藤
  • ジャー
  • ラッティン
  • 凝縮
  • 卒業
  • 学科
  • 学者
  • 専門
  • 導入
  • 従来
  • 応用
  • 成功
  • 物性
  • 発見
  • 相関
  • 素粒子
  • 適用