誕生日データベース

久我美子くがよしこ

女優[日本]

1931年 1月21日

久我美子 - ウィキペディアより引用

久我 美子(くが よしこ、1931年1月21日 - )は、日本の女優。
身長153cm。
本名:小野田 美子(おのだ はるこ)、旧姓:久我(こが)。
所属芸能事務所はワタナベエンターテインメント。
久我家(こがけ)は村上天皇まで遡る村上源氏の流れを汲む華族の家柄で、東京市牛込に生まれる。
1946年、 学習院女子中等科在学中、第一期東宝ニューフェイスに合格。
同期に三船敏郎・堀雄二・伊豆肇・若山セツ子・堺左千夫らがいる。
1947年、学習院を中退し、『四つの恋の物語』で映画デビューを果たす。
1950年の映画『また逢う日まで』での岡田英次との窓硝子ごしの接吻を演じた(日本の映画界では1960年代のはじめ頃まで接吻のクロースアップはタブーだった)。
1954年、岸恵子・有馬稲子とともに文芸プロダクションにんじんくらぶを結成した。
1961年、俳優と結婚する気はなかったが、平田昭彦からの猛烈な求愛の末に結婚した。
1969年より約1年間、『3時のあなた』の司会を務めるなど、1970年代以降はテレビ・舞台を中心に活躍する。

■ 映像作品

■ 関連書籍

映画女優。1931年東京生まれ。 東宝第一期のニューフェイス出身。旧侯爵家の姫君が、映画入りというので、大変なスキャンダルになったという。デビューは、47年の「四つの恋の物語」清潔な美貌と、華奢な身体で人気は上昇し、50年の「また逢う日まで」で、その人気を決定。 その後51年、東宝を退社して大映入社。ここで成瀬巳喜男の名作「あに・いもうと」と、田中絹代の第1回監督作品「恋文」に出演。冷ややかな美しさと、堅実な演技力で印象深い姿を残した。 夫は平田昭彦で、おしどり夫婦ぶりは人も羨むほどであった。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 村上
  • 関連
  • エンターテインメント
  • テレビドラマ
  • バラエティー
  • ワタナベ
  • 久我
  • 事務所
  • 出演
  • 天皇
  • 女子
  • 学習院
  • 家族
  • 家柄
  • 映画
  • 書籍
  • 東京
  • 源氏
  • 牛込
  • 番組
  • 芸能
  • 華族
  • 親族
  • こがけ
  • 中等
  • 在学
  • 高等