誕生日データベース

坂庭省悟さかにわしょうご

ミュージシャン[日本]

1950年 1月20日

坂庭 省悟(さかにわ しょうご、 1950年1月20日 - 2003年12月15日)は日本のブルーグラス歌手、フォークシンガー、作曲家。
高石ともや、杉田二郎、はしだのりひこらとともに関西フォークシンガーの旗手的な役割をなした。
プロデビュー時に楽曲の提供を受け、1971年のヒット曲で『花嫁』作詞・作曲のコンビを組んだきたやまおさむとの親交も長くきたやまの著作にもエピソードが残されている。
デビュー以前 1965年、高校入学。
高校ではブラスバンド部に所属。
サックスを担当するも、ドラムスを密かに自主練習。
高校のブラスバンド部の先輩のバンドで、ギターに触れる。
京都会館第二ホールで行われた『第一回 TAKE IVY キャンペーン(ヴァンヂャケット主催)』のライブで、同志社大学の学生・藤原洪太らの「ドゥディ・ランブラーズ」(後にはしだのりひこも参加)が唄ったアメリカン・フォークソングに魅了される。

■ 映像作品

■ 音楽作品

1950年1月20日〜2003年12月15日 日本の歌手。作曲家。ギタリスト。京都産業大学卒業。 高石ともや、杉田二郎、はしだのりひこらとともに関西フォークを代表するシンガーの1人として活躍した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • はしだのりひこ
  • デビュー
  • フォーク
  • 時代
  • エピソード
  • クライマックス
  • シンガー
  • プロデビュー
  • きたやまおさむ
  • ともや
  • セッション
  • セブン
  • ナターシャー
  • フォークス
  • マヨネーズ
  • 参加
  • 杉田二郎
  • 様々
  • 死去
  • 花嫁
  • 関西
  • 高石
  • きたやま
  • コンビ
  • ヒット曲
  • 作曲
  • 作曲家
  • 作詞
  • 役割
  • 提供
  • 旗手
  • 日本
  • 楽曲
  • 歌手
  • 著作
  • 親交