誕生日データベース

梓林太郎あずさりんたろう

推理小説作家[日本]

1933年 1月20日

梓 林太郎(あずさ りんたろう、1933年1月20日 - )は日本の小説家。
長野県飯田市生まれ。
本名は林 隆司。
貿易会社、調査会社、経営コンサルタント会社などを経て、1980年『九月の渓で』で小説宝石エンタテインメント小説大賞を受賞し、デビュー。
長い登山経験を元に、山岳推理小説の第一人者となる。
代表的な作品に、山岳救助隊員・紫門一鬼シリーズや、山岳ミステリーシリーズ、長野県警刑事・道原伝吉シリーズ、旅行作家・茶屋次郎シリーズなどがある。
作品 道原伝吉シリーズ 『北アルプス冬山殺人事件』(『風葬連峰』に改題)(1984年) 『遭難遺体の告発』(『死紋山脈』、後に『謀殺の鹿島槍』に改題)(1985年) 『中央アルプス空木岳殺人事件』(1986年) 『上高地殺人事件』(1986年) 『八ヶ岳山麓殺人事件』(1987年) 『縞枯山殺人事件』(『北八ヶ岳縞枯山殺人事件』に改題)(1988年) 『飛騨泣き殺人事件』(『飛騨岩稜殺人事件』、後に『北アルプス飛騨泣き殺人事件』に改題)(1988年) 『木曾御岳殺人事件』(1989年) 『八ヶ岳 石の血痕』(1990年) 『上高地発殺意の墓標』(1990年) 『槍ヶ岳 白い凶器』(1990年) 『谷川岳 霧の殺意』(1990年) 『黒部殺人源流』(1991年) 『立山連峰殺人事件』(1991年) 『黒い岩壁』(1991年) 『月光の岩稜』(『蓼科高原殺人事件』に改題)(1991年) 『西穂高殺人事件』(『西穂高白銀の疑惑』に改題)(1991年) 『屋久島殺人原始林』(1991年) 『霧ヶ峰殺人高原』(1992年) 『凍結樹林』(1992年) 『南信州殺人神楽』(1992年) 『北アルプス冬の罠』(1992年) 『死化粧山脈』(1992年) 『修羅の高峰』(1992年) 『北岳殺意の岩壁』(1992年) 『霧多布殺人湿原』(1992年) 『爺ヶ岳殺人事件』(『北アルプス爺ヶ岳の惨劇』に改題) ……

■ 関連書籍

「梓林太郎」と関連する人物

連想語句
  • シリーズ
  • 山岳
  • 作品
  • 一鬼
  • 伝吉
  • 小説
  • 次郎
  • 茶屋
  • 道原
  • テレビドラマ
  • ミステリー
  • 作家
  • 刑事
  • 太郎
  • 完一
  • 小仏
  • 岩波
  • 救助
  • 旅行
  • 白鳥
  • 飯田市
  • エンタテインメント
  • コンサルタント
  • デビュー
  • 信州
  • 北アルプス
  • 受賞
  • 大賞
  • 小説宝石
  • 推理
  • 本名
  • 登山
  • 県警
  • 第一人者
  • 経営
  • 経験
  • 調査
  • 貿易
  • 長野
  • 隆司
  • 隊員