誕生日データベース

小坂徳三郎こさかとくさぶろう

実業家政治家[日本]

1916年 1月20日

小坂 徳三郎(こさか とくさぶろう、1916年1月20日 - 1996年2月23日)は、日本の実業家、政治家。
信越化学工業社長・会長、信濃毎日新聞社長、衆議院議員、運輸大臣(53代)などを歴任した。
来歴・人物 長野県長野市出身。
府立高等学校を経て、1939年に東京帝国大学経済学部を卒業後、朝日新聞社に入社する。
10年間、経済畑で新聞記者として活動した後、戦後の1949年に信州に帰り、小坂財閥に復帰。
父の順造が創設した信越化学工業に入社し、同社副社長から1956年に社長に就任し、16年間務めた。
この間、経済界・財界では若手経済人のホープとして評価され、経団連評議員、経済同友会幹事などの役職について財界活動も始める。
また、外務省参与の資格で、対米並びに対欧州経済使節団に参加。
外務省顧問の資格で対東欧経済使節団長として国際経済関係でも活躍する。
1972年に辞任後、前年に死亡した叔父・小坂武雄の後を継ぎ、信濃毎日新聞の社長に就任したが、1973年に国務大臣としてに入閣したため、わずか1年で辞任している。

■ 関連書籍

(1916年1月20日[1] - 1996年2月23日) 日本の実業家、政治家。朝日新聞記者、信越化学工業社長・会長、信濃毎日新聞社長、衆議院議員(自由民主党)、運輸大臣(53代)などを歴任。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 経済
  • 閨閥
  • 長野県
  • エピソード
  • 信濃
  • 信越化学工業
  • 出典
  • 大臣
  • 学校
  • 学部
  • 実業家
  • 家族
  • 府立高
  • 政治家
  • 新聞
  • 朝日新聞社
  • 毎日新聞
  • 社長
  • 衆議院
  • 記者
  • 議員
  • 運輸
  • 長野市
  • 関係
  • 会長
  • 信州
  • 入社
  • 出身
  • 卒業
  • 大学
  • 大学院
  • 小坂
  • 帝国
  • 戦後
  • 旧制
  • 東京
  • 東京大学
  • 歴任
  • 活動
  • 財閥