誕生日データベース

関川浩一せきかわこういち

プロ野球選手、コーチ[日本]

関川浩一 - ウィキペディアより引用
関川 浩一(せきかわ こういち、1969年4月1日 - )は、東京都調布市出身の元プロ野球選手(外野手、捕手)、プロ野球コーチ。
プロ入り前 小学校時代は調布リトル、中学時代は同シニアに所属し、中学3年の夏には全日本選手権にて優勝を果たす。
その後桐蔭学園高校に進学。
入学早々の1年時の夏、後に慶應義塾大学のエースとして活躍した志村亮投手らと共に第66回全国高等学校野球選手権大会に出場。
6番ライトとしてスタメン出場で活躍。
その後は、強肩強打の捕手として活躍した。
卒業後は駒澤大学に進学。
東都大学リーグ通算50試合出場、161打数42安打、打率.261、3本塁打、13打点。
捕手として大学リーグベストナインに2回輝く。
また日米大学野球選手権大会にも出場した。
1990年のドラフト会議で阪神タイガースから2位指名を受け入団。
阪神時代 1991年は10試合の出場に留まったが、8安打を放ち、打率.286を記録した。
1992年は31試合に出場したが、打率1割台と低調に終わった。
連想語句
時代年度成績プロ野球コーチプロ中日外野手守備引退打撃捕手東京都楽天現役背番号表彰記録詳細調布市選手関連阪神こういちせきかわ出身右投浩一関川

↑ PAGE TOP