誕生日データベース

竹中郁たけなかいく

詩人[日本]

1904年 4月1日

1982年 3月7日 死去享年79歳
竹中郁 - ウィキペディアより引用

竹中 郁(たけなか いく、1904年4月1日 - 1982年3月7日)は、日本の詩人。
本名、育三郎。
兵庫県神戸市兵庫区出身。
生家は裕福な問屋で、1歳の時紡績用品商の竹中家へ養子に出された。
神戸二中、関西学院大学文学部英文学科卒。
画家の小磯良平は二中の同級生で、生涯交友が続いた。
小磯の卒業制作作品「彼の休息」は竹中がモデルをつとめている。
中学時代より北原白秋に傾倒し、「近代風景」「詩と音楽」などの白秋主宰の雑誌で詩人としての履歴をスタートした。
24年には北川冬彦、安西冬衛らの「亜」のグループと交流をもちモダニズムのスタイルの影響をうける。
25年第一詩集「黄蜂と花粉」を発表。
24-26年ヨーロッパ留学。
26年に近藤東らの慫慂により「詩と詩論」に参加。
32年刊行の詩集「象牙海岸」中の「ラグビイ」は当時流行したシネポエムのスタイルをとり、モダニズム詩の代表的成果の一つと評価されている。
しかしモダニズム的都会趣味の芯には常に洗練された抒情があり、モダニズム詩のフォルマリズム的傾向とは一線を画した。

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    近鉄バファローズ応援歌
    歌手
    イエスマン・ブギー・バンドフィーチャリングJUN高橋元太郎
    発売元
    日本コロムビア
    発売日
    2001年3月10日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 8,290 より
  • タイトル
    大阪近鉄バファローズ 選手応援歌 2004
    歌手
    大阪近鉄バファローズ私設応援團本部
    発売元
    コロムビアミュージックエンタテインメント
    発売日
    2004年3月31日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 4,550 より

たけなかいく [生]1904.4.1.神戸[没]1982.3.7.神戸詩人。本名,育三郎。関西学院大学英文科卒業。学院在学中に詩集『黄蜂と花粉』(1926),『枝の祝日』(28)を発表し,渡欧。『詩と詩論』運動に参加して詩集『象牙海岸』(32)を出版。詩誌『羅針』『新領土』『四季』の有力メンバーとなり,『署名』(36),『龍骨』(44)などの詩集を出版,第2次世界大戦後は『動物磁気』(48)に人生的な苦渋をうたった。後半生は児童文学に捧げる決意で1948年児童詩雑誌『きりん』を発刊した。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • モダニズム
  • 神戸
  • シネ
  • スタイル
  • フォルマ
  • ポエム
  • リズム
  • 中央
  • 兵庫区
  • 内出血
  • 北原白秋
  • 北川冬彦
  • 安西冬衛
  • 小磯良平
  • 市民
  • 文学部
  • 病院
  • 神戸市
  • 竹中
  • 詩論
  • 詩集
  • 近藤
  • 関西学院大学
  • 雑誌
  • きりん
  • グループ
  • スタート
  • センター
  • モデル
  • ヨーロッパ
  • ラグビイ
  • 一つ
  • 一線
  • 中学
  • 中学校
  • 主宰
  • 交友
  • 交流
  • 休息
  • 作品
  • 作詞
  • 傾倒
  • 傾向
  • 児童
  • 兵庫
  • 兵庫県
  • 出身
  • 分野
  • 刊行
  • 制作
  • 創刊
  • 医療
  • 卒業
  • 参加
  • 同人
  • 同級
  • 問屋
  • 四季
  • 多数
  • 学校
  • 小磯
  • 尽力
  • 居士
  • 履歴
  • 市立
  • 当時
  • 影響
  • 慫慂
  • 成果
  • 戒名
  • 戦後
  • 抒情
  • 指導
  • 文学科
  • 春光院
  • 時代
  • 校歌
  • 死去
  • 洗練
  • 流行
  • 生家
  • 生涯
  • 用品
  • 画家
  • 留学
  • 発表
  • 白秋
  • 県立
  • 立兵庫
  • 紡績
  • 育成
  • 花粉
  • 裕福
  • 評価
  • 詩人
  • 詩仙
  • 詩作
  • 象牙海岸
  • 趣味
  • 近代
  • 都会
  • 音楽
  • 風景
  • 養子
  • 高等