誕生日データベース

山室光史やまむろこうじ

体操選手[日本]

1989年 1月17日

山室 光史(やまむろ こうじ、1989年1月17日 - )は、日本の体操競技選手。
茨城県古河市出身。
1996年(平成8年)秋、体操競技をテレビで見たことをきっかけに小学2年生(7歳)で体操を始め、埼玉県大宮市(当時)のサトエスポーツクラブまで母の車で通い、呉傑の指導を受ける。
埼玉栄高校3年時に高校総体個人総合優勝を果たす。
高校の上級生には坂本功貴がおり、また在学中に内村航平(東洋高校)と知り合い親交を深める。
日本体育大学体育学部体育学科に進学し、畠田好章の指導を受ける。
また以後、内村とチームメイトとなる。
2009年(平成21年)にJAPAN CUP2009の日本代表に選抜されナショナルチーム入り。
翌年の2010年世界体操競技選手権(ロッテルダム)が世界選手権初出場となり、つり輪で4位と健闘した。
しかし個人総合では、予選のゆかでの大きなミスが響き決勝進出できなかった。
日体大卒業後の2011年(平成23年)4月、内村とともにコナミスポーツ&ライフに入社。
2011年世界体操競技選手権(東京)では、団体での銀メダルに貢献した他、個人総合とつり輪で銅メダルを獲得した。

■ 関連書籍

「山室光史」と関連する人物

連想語句
  • 体操
  • 古河
  • 学校
  • 高校
  • さいたま市
  • コーナー
  • テレビ
  • 中華
  • 人民
  • 共和国
  • 古河市
  • 坂本功貴
  • 埼玉
  • 埼玉県
  • 小学校
  • 市立
  • 競技
  • 総合
  • 茨城県
  • 高等
  • きっかけ
  • サトエスポーツクラブ
  • バラエティー
  • 上級生
  • 中学校
  • 主張
  • 代表
  • 体育大会
  • 個人
  • 優勝
  • 全国
  • 出演
  • 出身
  • 在学
  • 大賀茂
  • 小学
  • 屋上
  • 平成
  • 当時
  • 指導
  • 放送
  • 未成年
  • 校長
  • 激励
  • 番組
  • 総体