誕生日データベース

リチャード・バーンズRichard Burns

ラリードライバー[イギリス]

1971年 1月17日

リチャード・バーンズ - ウィキペディアより引用

リチャード・バーンズ(Richard Burns, 1971年1月17日 - 2005年11月25日)は、イギリスのラリードライバー。
2001年の世界ラリー選手権 (WRC) ドライバーズチャンピオン。
バーンズはレディングのロイヤル・バークシャー病院で生まれた。
8歳になると家の近くの野原で、父親の古いトライアンフ2000を運転し始めた。
11歳で17歳以下の自動車クラブに加わり、1984年にドライバーとなった。
1986年に彼の父親はニュートンの近くにあるジャン・チャーチルズ・ウェルシュ・フォレスト・ラリースクールに彼を入校させた。
彼はそこでフォード・エスコートを運転した。
その後、故郷レディングのクラヴェン・モータークラブに加入し、デヴィッド・ウィリアムズの支援を受けイギリス国内選手権に参戦する。
1990年、ウィリアムズからプジョー・205GTIを与えられ、プジョー・チャレンジに参戦。
シリーズチャンピオンとなり、RACラリーで世界ラリー選手権 (WRC) デビューを果たした。

■ 映像作品

■ 関連書籍

  • タイトル
    四肢 矯正と評価
    著者
    リチャード・バーンズ(著)
    発売元
    科学新聞社出版局
    発売日
    1998-12
    新品価格
    ¥ 3,024 より
    中古商品
    ¥ 2,341 より

RICHARD BURNS 1971年生まれ。イギリス人。 01年WRCドライバーズチャンピオン。 キャリアはスバルで始めたものの、表彰台は三菱に移籍してから。 当時はウベ・ニッテルと住み分けての参戦だった。 99年にスバルへ復帰。順調に成績を伸ばして01年にはチャンピオンに。 その後プジョーに移籍するもグロンホルムの後塵を拝する。 しかも03年には脳腫瘍にてドクターストップ。元々血液型がRh-という リスクを負っての参戦ではあったが、まさかの結末。今に至るも復帰の 見込みは立たず、実質引退に追い込まれている。 2005年11月25日脳腫瘍により死去。享年34歳。 (引用元 Hatena Keyword)

「リチャード・バーンズ」と関連する人物

連想語句
  • ラリー
  • 選手権
  • バーンズ
  • レディング
  • 世界
  • ウィリアムズ
  • エスコート
  • エピソード
  • クラブ
  • タイトル
  • トライアンフ
  • ドライバー
  • フォード
  • リチャード
  • 父親
  • 自動車
  • 近く
  • 運転
  • そこ
  • イギリス
  • ウェルシュ
  • クラ
  • ジャン
  • スクール
  • チャンピオン
  • チャーチルズ
  • デヴィッド
  • ドライバーズ
  • ニュートン
  • バークシャー
  • フォレスト
  • モーター
  • ロイヤル
  • ヴェン
  • 入校
  • 加入
  • 参戦
  • 国内
  • 地名
  • 支援
  • 故郷
  • 病院
  • 野原