誕生日データベース

藤田敏八ふじたとしや

映画監督俳優脚本家[日本(朝鮮)]

1932年 1月16日

1997年 8月29日 死去肝不全享年66歳

藤田 敏八(ふじた としや、1932年1月16日 - 1997年8月29日)は、日本の映画監督、脚本家、俳優。
朝鮮・平安北道平壌府(現:朝鮮民主主義人民共和国平壌直轄市)に生まれる。
朝鮮鉄道の社員だった父に従って朝鮮半島を転々と移り住むが、釜山で終戦を迎え、三重県四日市市に引き揚げる。
中学に編入後、三重県立神戸高等学校に進学するも、四日市市馳出に戻り三重県立四日市高等学校を卒業。
浪人生活を経て東京大学に入学し、文学部仏文科に進む。
在学中に演劇に熱中し、俳優座養成所に第5期生として入所する。
同期に平幹二朗がいる。
1955年、大学卒業とともに日活に入社。
助監督として舛田利雄、蔵原惟繕らにつく。
同時に脚本の執筆を始め、三島由紀夫の原作による蔵原惟繕監督作品『愛の渇き』(1967年)において「藤田繁矢」の名で脚本を担当。
この作品で日本シナリオ作家協会シナリオ賞を受賞した。
同時期に監督に昇進し、『非行少年 陽の出の叫び』(1967年)で監督デビュー。
この作品では日本映画監督協会新人賞を受賞した。
1968年にはドキュメンタリー『にっぽん零年』(公開は2002年)製作に参加する。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

映画監督。1932生まれ。 大学卒業後、日活に入社。 第1回監督作品は「非行少年 陽の出の叫び」(1967)。その後「野良猫ロック」シリーズを手がけ、1971年傑作「八月の濡れた砂」を発表。若者からの熱狂的な支持を集める。その直後日活はロマンポルノ路線へと転じるが、その反体制、若者の無力さといった主題は、神代辰巳をはじめとするその後のロマンポルノの作品に影響を与え続ける。 1980年鈴木清順監督作品「ツィゴイネルワイゼン」への出演を期に、俳優としても活躍。 1997年8月29日、肝不全により死去。65歳だった。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 朝鮮
  • 作品
  • 平壌
  • 映画
  • テレビジョン
  • テレビドラマ
  • バラエティ
  • ビデオ
  • 人民
  • 俳優
  • 共和国
  • 出演
  • 平安
  • 日本
  • 朝鮮半島
  • 民主主義
  • 番組
  • 監督
  • 統治
  • 脚本
  • 釜山
  • 鉄道
  • 北道
  • 南道
  • 広域
  • 時代
  • 直轄
  • 社員
  • 終戦
  • 転々