誕生日データベース

トニー・ソレイタTony Solaita

メジャーリーガー[サモア]

トニー・ソレイタ(Tolia "Tony" Solaita , 1947年1月15日 - 1990年2月10日)は、アメリカ領サモア出身の元プロ野球選手(一塁手、外野手、指名打者)。
通称:「サモアの怪人」。
過去の選手名鑑などの書物には、サモア独立国やソロモン諸島の出身とする誤りの記述もある。
来歴・人物 9歳の時に事情により、サモアからアメリカ合衆国のハワイ諸島に移る。
1965年にニューヨーク・ヤンキースと契約。
1968年9月16日にメジャー初昇格。
その後は長いマイナーリーグ生活を経て、1974年にカンザスシティ・ロイヤルズでメジャー再昇格を果たす。
その後は、カリフォルニア・エンゼルス、モントリオール・エクスポズ、トロント・ブルージェイズと渡り歩いた。
1980年に来日し、日本ハムファイターズに入団。
主に指名打者として活躍。
来日1年目は5番を打ち、打率が.239と低迷するものの45本塁打を放つなど、その他数々の日本記録を残した。
圧巻は大阪球場での対南海ホークス3回戦(ダブルヘッダー第2試合)の1回、佐々木宏一郎から3号3点本塁打を左中間に放つと、3回にも同投手から中堅へ特大ソロ、5回には三浦政基からまた左中間に3点弾、そして8回藤田学のストレートを右翼スタンドにライナーで入る6号本塁打をかっ飛ばした。
連想語句
サモア選手アメリカソロモンタイトルプロ野球メジャーリーグ一塁手出身外野手年度幼少期引退成績打撃打者指名日本時代活躍背番号表彰記録詳細諸島銃殺関連ソレイタトニー名鑑怪人書物独立国通称過去

↑ PAGE TOP