誕生日データベース

中村進なかむらすすむ

登山家、映像作家[日本]

1946年 1月15日

中村 進午(なかむら しんご、明治3年7月21日(1870年8月17日) - 昭和14年(1939年)10月21日)は、新潟県出身の国際法学者。
旧高田藩士中村九朗の三男として生まれる。
ドイツ・イギリス・フランス各国に留学して、国際法、外交史等を研究する。
拓殖大学・学習院・早稲田大学などの教授を歴任した。
外交史、国際法に関する著書も多い。
日露開戦の直前、他の六人の博士とともに政府の対ロシア外交を非難して、日露戦争の開戦を主張したことで知られる(七博士建白事件)。
千葉県一宮町老女子に別荘を所有した。
酒好きが高じて胃潰瘍で倒れ、昭和14年(1939年)10月、70歳で亡くなった。
高田中学校卒業、東京帝国大学入学 明治27年(1894年) 首席で卒業。
大学院入学。
明治30年(1897年) 学習院教授 明治34年(1901年) 法学博士 昭和 4年(1929年) 拓殖大学学監 主な著書 「講和類例」 「国際法公論」 「新条約論」 「マルテンス国際法(上・下)」 関連項目 日本の法学者一覧 戸水寛人・富井政章・小野塚喜平次・高橋作衛・金井延・寺尾亨 - 中村以外の「七博士」。

■ 映像作品

■ 関連書籍

■ 音楽作品

  • タイトル
    しあわせの白いハーネス
    歌手
    特殊企画
    発売元
    バンダイ・ミュージックエンタテインメント
    発売日
    1997年5月05日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 800 より
  • タイトル
    しあわせの白いハーネス
    歌手
    特殊企画
    発売元
    バンダイ・ミュージックエンタテインメント
    発売日
    1997年5月05日
    新品価格
    より
    中古商品
    より