生年月日データベース

沢村栄治さわむらえいじ

プロ野球選手[日本]

1917年 2月1日

1944年 12月2日 死去戦死享年28歳
沢村栄治 - ウィキペディアより引用

沢村 栄治(さわむら えいじ、旧字体:澤村 榮治、1917年2月1日 - 1944年12月2日)は、三重県出身のプロ野球選手(投手)。
プロ入り前 1917年2月1日、三重県宇治山田市(現・伊勢市)の澤村賢二・みちえ夫婦の長男として生まれる。
京都商業学校(現在の京都学園高等学校)の投手として1933年春、1934年春・夏の高校野球全国大会(当時は中等野球)に出場。
1試合23奪三振を記録するなど、才能の片鱗を見せた。
全日本選抜 1934年の夏の大会終了後に京都商業を中退(現在の高校3年生に相当する年齢)。
その年の11月に開催された読売新聞社主催の日米野球の全日本チームに参戦する。
5試合に登板(4先発)したが、中でも11月20日、静岡県草薙球場で開催された試合では、7回裏にルー・ゲーリックにソロ本塁打を浴びたのみで、メジャーリーグ選抜チームを8回5安打1失点と好投した(スコアは0対1)。

■ 映像作品

■ 関連書籍

さわむらえいじ [生]1917.2.1.三重,宇治山田[没]1944.12.2.台湾沖プロ野球選手。1934年ベーブ・ルース,L.ゲーリッグを中心としたアメリカ大リーグ選抜チームを迎え,強打者から連続三振を奪うなど好投。同年創設された読売ジャイアンツ(巨人)の前身,大日本東京野球倶楽部に投手として参加。1936年日本職業野球連盟の公式戦が始まり,翌1937年第1回最高殊勲選手に選ばれた。1944年第2次世界大戦で戦死。1947年彼の名を冠した「沢村賞」が創設,以来先発完投型の年間最優秀投手に贈られている。また背番号14は巨人で初の永久欠番となった。 (引用元 コトバンク)

連想語句
  • 投手
  • プロ
  • プロ野球
  • 伝説
  • 選手
  • タイトル
  • 三重県
  • 全日本
  • 切手
  • 大リーグ
  • 年度
  • 成績
  • 戦死
  • 特筆
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 速球
  • 選抜
  • えいじ
  • さまざま
  • さわむら
  • 一人
  • 出身
  • 史上
  • 戦前
  • 日本
  • 旧字体
  • 栄治
  • 榮治
  • 沢村
  • 澤村