誕生日データベース

エルヴィン・フォン・ベルツErwin von Bälz

医師[ドイツ]

(お雇い外国人)

1849年 1月13日

1913年 8月31日 死去享年65歳
エルヴィン・フォン・ベルツ - ウィキペディアより引用

エルヴィン・フォン・ベルツ(独: Erwin von Bälz、1849年1月13日 - 1913年8月31日)は、ドイツ帝国の医師で、明治時代に日本に招かれたお雇い外国人のひとり。
27年にわたって医学を教え、医学界の発展に尽くした。
滞日は29年に及ぶ。
1849年、ヴュルテンベルク王国のビーティヒハイム・ビッシンゲンで生まれる。
1866年、テュービンゲン大学医学部に入学。
1869年、ライプツィヒ大学医学部に転学、カール・アウグスト・ヴンダーリヒ (Karl August Wunderlich) 教授の下で内科を修める。
1870年、軍医として普仏戦争に従軍。
1872年、ライプツィヒ大学医学部卒業。
1875年、ライプツィヒ大学病院に入院中の日本人留学生・相良玄貞をたまたま治療することになり、日本との縁が生まれる。
1876年(明治9年)、お雇い外国人として東京医学校(現在の東京大学医学部)の教師に招かれる。
1881年(明治14年)、東海道御油宿(愛知県豊川市御油町)戸田屋のハナコと結婚。

■ 関連書籍

  • タイトル
    「花・ベルツ」への旅
    著者
    真寿美シュミット・村木
    発売元
    講談社
    発売日
    1993-08
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 199 より
連想語句
  • ベルツ
  • 日本
  • 関連
  • ドイツ
  • 別荘地
  • 医学
  • 医師
  • 収集
  • 外国人
  • 天皇家
  • 家族
  • 工芸
  • 帝国
  • 日本観
  • 温泉
  • 美術
  • 草津
  • 葉山
  • 蒙古斑
  • 関係
  • 高官
  • ひとり
  • ヴュルテンベル
  • 医学界
  • 明治時代
  • 滞日
  • 発展