誕生日データベース

雉子牟田直子きじむたなおこ

元プロテニス選手[日本]

雉子牟田 直子(きじむた なおこ, 1972年3月26日 - )は、神奈川県海老名市出身の元女子プロテニス選手。
姉の雉子牟田明子も著名な元女子プロテニス選手であった。
姉の明子は、1983年に15歳4ヶ月で全日本テニス選手権の女子シングルス最年少優勝記録を樹立した早熟選手で、年代的には井上悦子の後に続き、主に1980年代後半に活躍した。
妹の直子はその後、伊達公子の刺激で日本女子テニス界が最盛期を迎えた時期に活躍した人である。
自己最高ランキングはシングルス44位、ダブルス18位。
WTAツアーでシングルス優勝はないが、ダブルスで5勝を挙げた。
姉と同じ旭硝子に所属した。
直子は専修大学を1年で中退し、1992年に20歳でプロ入りした。
早熟選手だった姉の明子に比べると、妹はプロとしてのスタートは遅い。
1995年の全米オープンで、初めて4大大会の1回戦を突破する。
この大会では日本人女子選手8人がシングルスの本戦に直接出場を果たし、日本女子テニス界の全盛期を印象づけた。
翌1996年の全米オープンで3回戦に進出したが、当時15歳のマルチナ・ヒンギス(スイス)に2-6,2-6で完敗した。

■ 関連書籍

タイトル
基本から戦術まで 硬式テニス
著者
発売元
日東書院本社
発売日
2003-05-01
新品価格
より
中古商品
¥ 1 より
連想語句
テニス女子シングルスオープン全米選手プロ選手権ウィンブルドンスイスダブルスヒンギスマルチナ井上悦子伊達優勝全日本公子大会専修大学当時日本早熟旭硝子明子活躍直子雉子牟田明子クルムグランドスラムシードスタートツアーバルバラパウルスランキング中退全盛期出場刺激協会完敗年代年少後半所属日本人時期最盛期最高本戦樹立突破自己著名記録進出

↑ PAGE TOP