誕生日データベース

ベンジャミン・トンプソンBenjamin Thompson

物理学者[アメリカ]

1753年 3月26日

1814年 8月21日 死去享年62歳
ベンジャミン・トンプソン - ウィキペディアより引用

ランフォード伯ベンジャミン・トンプソン(英: Sir Benjamin Thompson, Count Rumford、称号のドイツ語表記: Reichsgraf von Rumford、1753年3月26日 - 1814年8月21日)はイギリス植民地時代のアメリカに生まれた科学者である。
大砲の砲身の中をえぐる工程で大量に発生続ける摩擦熱がカロリック説(熱素説)では説明しきれないことを示しカロリック説を否定して、熱力学に先駆的な業績をあげたことで知られる。
生涯 マサチューセッツ州のウーバンで生まれた。
商人のところで働いた。
1772年に14歳年上の裕福な未亡人サラー・ロルフと出会い、ポーツマスで結婚した。
妻と植民地の総督との関係からニューハンプシャー軍の士官に任命された。
アメリカ独立戦争が始まると、王党派に立ち独立派と戦おうとしたため、独立派に自宅を襲われた。
妻を見捨てて、イギリス側に逃亡したが、独立軍の情報を持っていたので歓迎され、イギリス軍のゲイジ将軍やジャーメイン卿の助言者となった。

「ベンジャミン・トンプソン」と関連する人物

連想語句
  • 生涯
  • 熱力学
  • アメリカ
  • カロ
  • マサチューセッツ州
  • リック
  • 植民地
  • ウー
  • バン
  • ポーツマス
  • 出典
  • 功績
  • 合衆国
  • 商人
  • 大砲
  • 実験
  • 摩擦熱
  • 時代
  • 科学者
  • 調理
  • 関心
  • ところ
  • イギリス
  • サラー
  • ニューハンプシャー
  • ロルフ
  • 任命
  • 否定
  • 士官
  • 大量
  • 工程
  • 年上
  • 未亡人
  • 業績
  • 発生
  • 砲身
  • 結婚
  • 総督
  • 裕福
  • 説明
  • 関係