誕生日データベース

氷室冴子ひむろさえこ

作家[日本]

1957年 1月11日

氷室 冴子(ひむろ さえこ、本名:碓井 小恵子(うすい さえこ)、1957年1月11日 - 2008年6月6日)は、日本の小説家。
1980年代から1990年代にかけて集英社コバルト文庫を代表する看板作家であり、かつては正本ノン、久美沙織、田中雅美とあわせてコバルト四天王と呼ばれていた。
生涯 北海道岩見沢市出身。
北海道岩見沢東高等学校を経て藤女子大学文学部国文学科へ進学。
当時の知的流行であった構造主義に傾倒し、志賀直哉の文庫本をバラして1日1ページのペースで一字一句の文章を解析する学究生活を送る。
大学3年の夏に賞金目当てで第10回「小説ジュニア青春小説新人賞」へ応募して佳作を受賞。
その時点では職業作家を目指していなかったものの、このときの受賞作『さようならアルルカン』で、1977年(昭和52年)に小説家としてデビューする。
大学は卒業するがオイルショックの影響で就職ができず、母親と喧嘩して家を飛び出して高校時代からの友人と共同生活を始める。
手元にあったのは出たばかりの初単行本『白い少女たち』の印税60万円であり、家賃から雑費まですべて含めて月1万9000円の貧乏生活を開始。

■ 映像作品

■ 関連書籍

連想語句
  • 作品
  • ドラマ
  • 原作
  • 漫画
  • コバルト
  • アニメ
  • エッセイ
  • ラジオ
  • 久美沙織
  • 作家
  • 作風
  • 共著
  • 小説
  • 影響
  • 戯曲
  • 文庫
  • 映画
  • 正本
  • 氷室
  • 生涯
  • 田中雅美
  • 絵物語
  • 翻訳
  • 集英社
  • 題材
  • ノン
  • 代表
  • 四天王
  • 看板