生年月日データベース

雪室俊一ゆきむろしゅんいち

放送作家[日本]

1941年 1月11日

雪室 俊一(ゆきむろ しゅんいち、1941年1月11日 - )は、神奈川県横浜市出身の男性脚本家。
シナリオ研究所卒業。
日本放送作家協会会員。
別名義に、西浦あかね、洋駿太郎がある。
主にアニメ作品の脚本を手掛け、1965年のテレビアニメ『ジャングル大帝』の脚本に参加して以降、現在も『サザエさん』などで現役の、アニメ界では城山昇と並ぶ最古参となる脚本家である。
ファミリー向けや少女向けの作品を得意とし、代表作には『魔法使いサリー』、『とんがり帽子のメモル』、『Dr.スランプ アラレちゃん』、『キテレツ大百科』、『あずきちゃん』などがある。
脚本の他にもアニメ化された『おはよう!スパンク』などで漫画の原作を担当し、絵本や児童向け小説の分野でも活躍した。
1981年には原作を手掛けた『おはよう!スパンク』で第5回講談社漫画賞・少女部門を受賞し、洋駿太郎の名義で毎日中学生新聞に連載した小説『まぶしい季節』では毎日児童小説コンクール・優秀作を受賞している。

■ 映像作品

■ 関連書籍

脚本家。 1941年生。神奈川県出身。シナリオ研究所を経て、日活映画「あいつとの冒険」で脚本家デビュー。初めてのアニメへの参加は『ジャングル大帝』。以降、多数の作品に脚本を提供してきた。近年の代表作に『サザエさん』『キテレツ大百科』『あずきちゃん』等がある。 (引用元 Hatena Keyword)

「雪室俊一」と関連する人物

連想語句
  • アニメ
  • テレビ
  • 映画
  • 作品
  • エピソード
  • ジャングル
  • ドラマ
  • バラエティ
  • リスト
  • 大帝
  • 特撮
  • 著書
  • 連載
  • 雑誌
  • あかね
  • 会員
  • 協会
  • 名義
  • 脚本
  • 西浦
  • 駿太郎