生年月日データベース

ジャン・クレティエンJoseph Jacques Jean Chrétien

政治家首相[カナダ]

1934年 1月11日 生 (満84歳)

ジャン・クレティエン - ウィキペディアより引用

ジャン・クレティエン(Joseph Jacques Jean Chrétien、1934年1月11日 - )は、カナダの政治家、第26代首相(在任:1993年11月4日 - 2003年12月12日)。
所属政党はカナダ自由党。
政治キャリアにおいてピエール・トルドーのバイリンガリズム(二ヵ国語政策)と多文化主義を継承し、ケベック独立を回避してカナダの連邦維持に貢献した。
アメリカのアフガニスタン侵攻には賛成するもイラク戦争に否定的だった。
3期連続して首相を務め、賛否両論あるが概して非常に人気の高い首相であった。
ケベック州ショーウィニガンにて、ウェリー・クレティエンと妻マリーの間の子として、19人兄弟の18番目に生まれた(兄弟のうち10人は夭折)。
彼は自らの慎ましい出自を「ショーウィニガンの小さな男」(le petit gars de Shawinigan)だと後に語っている。
彼は幼い頃にベル麻痺を患ったため、顔面の左側に部分的な麻痺を残すことになった。
彼は最初の自由党の党首選キャンペーンの際に、この障害を逆手にとって「口の両側で話さない政治家」(One politician who didn't talk out of both sides of his mouth)と自称した。

連想語句
  • カナダ
  • ケベック州
  • 自由党
  • 首相
  • 麻痺
  • シャウィニガン
  • トルドー
  • ピエール
  • ベル
  • ラヴァル
  • 主義
  • 兄弟
  • 多文化
  • 大学
  • 政党
  • '
  • ウェリー
  • キャリア
  • キャンペーン
  • クレティエン
  • ケベック
  • ショーウィニガン
  • バイ
  • マリー
  • リズム
  • リンガ
  • 両側
  • 人気
  • 党首
  • 出自
  • 在任
  • 夭折
  • 完全
  • 左側
  • 所属
  • 政治
  • 政治家
  • 政策
  • 最初
  • 片耳
  • 独立
  • 継承
  • 維持
  • 聴力
  • 自ら
  • 自称
  • 貢献
  • 賛否両論
  • 逆手
  • 連続
  • 連邦
  • 間の子
  • 障害
  • 顔面