生年月日データベース

欠端光則かけはたみつのり

プロ野球選手[日本]

1963年 1月10日 生 (満55歳)

欠端 光則(かけはた みつのり、1963年1月10日 - )は、岩手県出身の元プロ野球選手(投手)。
1963年、岩手県二戸郡福岡町(現・二戸市)に生まれる。
1980年、夏の甲子園に出場。
福岡高校を19年ぶりの甲子園に導く。
同年のドラフト3位でロッテオリオンズに指名され、入団。
ロッテでは主に中継ぎとして登板した。
1983年11月、右田一彦・竹之内徹との交換トレードで新谷吉孝と共に横浜大洋ホエールズに移籍。
移籍後は主に速球とフォークボールを武器に先発投手として活躍、当時慢性的な投手不足だった大洋のローテーションを支えた。
なかでも当時全盛の強さを誇っていた広島東洋カープに強く「カープキラー」の異名をとった。
当時、横浜大洋のエースだった遠藤一彦が怪我をした際には、2年続けてチーム最多勝利を記録。
1988年4月8日にはナゴヤ球場での中日ドラゴンズ戦で開幕投手を務め完投勝利。
先発以外でも中継ぎとして連投やロングリリーフをこなし、1992年にはセ・リーグ最多登板を記録するなどタフネスな働きぶりを見せた。

80〜90年代のプロ野球選手。通称「白熊」。 右投右打、ポジションは投手。背番号は47→16番。 1963年1月10日生まれ。岩手県出身。 岩手県立福岡高校で1980年、夏の甲子園に出場。 1981年、ドラフト3位でロッテオリオンズに入団。 主に中継ぎとして登板。 1983年、右田一彦?、竹之内徹?との交換トレードで新谷吉孝?と共に横浜大洋ホエールズに移籍。 移籍後は主に先発投手として活躍。ローテーションの柱を支えた。 1988年には開幕投手を務め、チーム最多勝利を挙げる。 1994年、現役引退。 翌1995年、横浜ベイスターズの打撃投手を務める。 1997年、球団広報に就任。 弟は元伊勢ノ海部屋の力士外ヶ濱?。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 岩手県
  • 投手
  • プロ野球
  • 二戸市
  • 二戸郡
  • 学校
  • 年度
  • 成績
  • 福岡
  • 福岡町
  • 背番号
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • 高等
  • かけはた
  • みつのり
  • 光則
  • 全国
  • 出身
  • 岩手
  • 欠端
  • 県立
  • 選手権
  • 野球
  • 高校