生年月日データベース

江尻亮えじりあきら

プロ野球選手[日本]

1943年 1月10日

江尻 亮(えじり あきら、1943年1月10日 - )は茨城県高萩市出身の元プロ野球選手(外野手)・コーチ・監督。
実家は旅館を営んでいた。
日立一高では3年時にエースとして夏の甲子園東関東大会(茨城・千葉両県)の茨城県予選決勝に進出するが、0-1で水戸商に惜敗する。
卒業後は早稲田大学に進学。
東京六大学リーグでは1年生から登板機会を得るが結果を残せず、同期のエース・宮本洋二郎の後塵を拝す。
一時は外野手に転向するが3年生の時にリリーフとして復活。
1964年、4年生時の春季リーグで初勝利。
同季は3勝をあげ防御率0.00、代打としても活躍。
1960年秋季リーグ以来の優勝に貢献したが、同年の全日本大学野球選手権大会では決勝で駒大に敗れ準優勝。
その後も好調を維持し、秋季リーグの立大1回戦4回まで、3季にわたり46回2/3連続無失点のリーグ記録を樹立した。
リーグ通算23試合登板、7勝6敗、防御率1.97。
大学同期には宮本の他、石山建一がいた。
1965年に投手として大洋ホエールズへ入団するが、同年6月24日の巨人戦で王貞治に満塁ホームランを打たれるなど結果を残せず、1967年に打者転向。

プロ野球、大洋ホエールズ・横浜大洋ホエールズの選手、監督。 左投左打、ポジションは投手→外野手。背番号は19番。 1943年1月10日生まれ。茨城県出身。 早稲田大学のエースとして、東京六大学野球リーグで46回2/3無失点のリーグ記録を樹立。 1965年、大洋ホエールズに入団。 1967年、打者転向。左翼手の定位置を獲得。 1968年、打率.283で初のベストテン入り。 1970年 右翼手にコンバート。ベストナインの外野手部門に選出。1番打者として、松原誠、ジョン・シピンらと共にメガトン打線を支える、 1979年、現役引退。 1980年、大洋ホエールズの打撃コーチに就任。 1982年には二軍打撃コーチに転じた。 1985年、大洋ホエールズのニ軍監督に就任。 1987年、スカウトに転身。進藤達哉・石井琢朗など、後の名選手を発掘。 1990年、大洋ヘッドコーチ就任。 1992年 シーズン途中、須藤豊監督の休養・辞任により、横浜大洋ホエールズ最後の監督に就任。 シーズン終了後、フロントへ転身。 1995年 早大の先輩である広岡達朗・千葉ロッテマリーンズゼネラルマネージャーの誘いを受け、2軍ヘッドコーチに就任。 1996年 ボビー・バレンタイン監督の解任に伴い、千葉ロッテマリーンズの3代目監督に就任。 前年2位のチームは低迷し、江尻自身もシーズン中に体調を崩し途中休養*1した時期があった。 シーズン終了後、成績不振の引責や、自分を招聘した広岡GMの解任もあり、僅か1年で辞任。 1997年、千葉ロッテマリーンズの編成部長に就任。 2001年、退団。 *1:休養中は江藤省三が指揮をとった。 …… (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • 年度
  • 成績
  • プロ野球
  • 時代
  • 監督
  • エピソード
  • コーチ
  • 外野手
  • 打撃
  • 投手
  • 早稲田大学
  • 現役
  • 背番号
  • 茨城県
  • 表彰
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 高萩市
  • あきら
  • えじり
  • 出身
  • 江尻
  • 関連