生年月日データベース

野口祥順

プロ野球選手[日本]

1981年 5月16日

野口祥順 - ウィキペディアより引用

野口 祥順(のぐち よしゆき、1981年5月16日 - )は、茨城県新治郡新治村(現・土浦市)出身の元プロ野球選手(内野手、外野手)。
プロ入り前 茨城県新治郡新治村(現在の土浦市)出身。
中学時代は地元のシニアクラブに所属しつつ、臨時で陸上競技にも出場し、走り幅跳びでは県大会で優勝したこともある。
藤代高に進学し、陸上部に入るつもりだったが持丸修一監督と出会い、野球を続けた。
天性のバネを生かす指導を受け、鳥谷敬(聖望学園高)と並んで、長打力と強肩を売りにした関東屈指のスケールが大きい遊撃手として活躍。
3年の夏は常総学院に敗れてベスト8どまりも、俊足強肩と、高校通算30本塁打が示す、つぼにはまった時のパンチ力があった。
1999年のドラフト会議において、ヤクルトスワローズから1位指名を受け、入団。
プロ入り後 2000年、入団当初は「長打力を秘めた、走攻守三拍子揃った選手」として、「ポスト池山隆寛」が球団からの期待だった。

プロ野球選手。東京ヤクルトスワローズの内野手。背番号は55。 リスト:野球選手 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • プロ
  • 選手
  • 茨城県
  • プロ野球
  • 内野手
  • 土浦市
  • 外野手
  • 年度
  • 成績
  • 打撃
  • 新治村
  • 新治郡
  • 背番号
  • 記録
  • 詳細
  • 関連
  • のぐち
  • よしゆき
  • 出身
  • 祥順
  • 野口