生年月日データベース

永井雄一郎ながいゆういちろう

男子サッカー選手[日本]

1979年 2月14日 生 (満39歳)

永井 雄一郎(ながい ゆういちろう、1979年2月14日 - )は、東京都新宿区出身のサッカー選手。
ポジションはフォワード。
元日本代表。
小学校1年生から高校3年生までの12年間、三菱養和SC一筋でプレー。
1997年 高卒新人FWとして浦和レッドダイヤモンズに入団。
4月12日の開幕戦・対横浜マリノス戦でプロデビューを果たした。
この試合で当時の日本代表DF井原正巳をフェイントで、小村徳男をドリブルで翻弄し、強烈なインパクトを残し、翌日の新聞・TVで大きく取り上げられた。
7月9日のヴェルディ川崎戦にて初得点を記録。
18歳4ヶ月25日で達成したこの記録は、2009年4月12日に原口元気(17歳11ヶ月3日、対名古屋グランパスエイト戦)に塗り替えられるまでの12年間は浦和のクラブ史上最年少得点記録だった。
また、U-20日本代表としてマレーシアで開催されたワールドユースに出場し、チームのベスト8に貢献した。
1998年 前年とは対照的に、1stステージではわずか3試合の出場だった。
その後、8月にはドイツのカールスルーエSCへ留学。

■ 関連書籍

サッカー選手。ポジションはフォワード。 1979年2月14日生まれ。東京都新宿区出身。身長184cm、体重77kg。 浦和レッズで福田正博の背番号「9」を受け継いだストライカー。上背の割にスピード感溢れるドリブルを持ち味としている。 2003年4月16日の日韓戦でサッカー日本代表に初召集。途中出場の代表初キャップながら、後半ロスタイムで初得点をもぎ取り勝利に貢献した。 (引用元 Hatena Keyword)

連想語句
  • タイトル
  • 代表
  • 個人
  • 関連
  • クラブ
  • ゴール
  • サッカー
  • チーム
  • フォワード
  • 三菱
  • 出場
  • 大会
  • 成績
  • 所属
  • 日本
  • 書籍
  • 試合
  • 養和
  • プレー
  • 小学校
  • 新人
  • 高卒
  • 高校