誕生日データベース

大谷羊太郎おおたにようたろう

推理小説作家[日本]

1931年 2月16日

大谷 羊太郎(おおたに ようたろう、1931年2月16日 - )は、日本の小説家、推理作家。
本名、大谷一夫。
東大阪市生れ、埼玉県浦和市(現:さいたま市浦和区)出身。
埼玉県立浦和高等学校卒、慶應義塾大学国文科中退。
大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。
後、「秀和プランニング」で克美しげるのマネージャー。
1966年、『四つのギター』が第12回江戸川乱歩賞候補(本名で投稿)。
1968年、第15回乱歩賞候補の『死を運ぶギター』(『美談の報酬』改題)でデビュー。
翌年には『虚妄の残影』で再び乱歩賞候補、その翌年に『殺意の演奏』で第16回乱歩賞を受賞。
芸能界での生活を活かし、芸能界を舞台とした密室もので広く読者を獲得。
八木沢警部補という名探偵を創り出した。
共同覆面作家・鷹見緋沙子の一員(ほかは草野唯雄、天藤真)。
代表作に、『真夜中の殺意』『悪人は三度死ぬ』など。
小説家に憧れていた母親によって、子供のころから新聞小説を読まされていたが、当初は小説家になる気は起きなかったという。

■ 関連書籍