誕生日データベース

川崎憲次郎かわさきけんじろう

プロ野球選手、解説者[日本]

1971年 1月8日

川崎 憲次郎(かわさき けんじろう、1971年1月8日 - )は、大分県佐伯市出身の元プロ野球選手(投手)、野球解説者、野球指導者。
妻は堀恵子。
来歴・人物 大分県佐伯市出身。
大分県立津久見高等学校3年時の1988年の甲子園大会に春夏連続出場し、いずれもベスト8に進出した。
同年ドラフト会議で読売ジャイアンツとヤクルトスワローズが1位指名で競合し、抽選の結果ヤクルトが交渉権を獲得した。
後に契約金6000万円、年俸480万円(金額は推定)で入団合意した。
1年目の1989年から実力を認められて一軍で先発し4勝(うち1勝は巨人戦での初完封)を挙げた。
1990年に12勝(13敗)を挙げ、先発ローテーションに定着する。
9月8日の対巨人戦では、吉村禎章に巨人の優勝を決めるサヨナラ本塁打を浴びた。
1991年、チーム二位の14勝を挙げチーム11年ぶりのAクラス入りに貢献したが、翌1992年はチームは14年ぶりのリーグ制覇をしたものの、自身は故障でシーズン一軍未登板に終わる。

■ 関連書籍

連想語句
  • 投手
  • 時代
  • 野球
  • タイトル
  • プロ
  • プロ野球
  • ヤクルト
  • 中日
  • 佐伯市
  • 単著
  • 大分県
  • 年度
  • 引退
  • 恵子
  • 成績
  • 監修
  • 背番号
  • 著書
  • 表彰
  • 解説者
  • 記録
  • 詳細
  • 選手
  • 関連
  • かわさき
  • けんじろう
  • 出身
  • 川崎
  • 憲次郎
  • 指導者
  • 関連書